ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新大阪江坂東急REIホテル、グループ利用の需要に合わせ全客室リニューアル

新大阪江坂東急REIホテル、グループ利用の需要に合わせ全客室リニューアル

投稿日 : 2019.03.29

大阪府

ホテル関連ニュース

新大阪江坂東急REIホテルは、2020年から2025年の来阪需要を見込み、3名利用可能なスーペリアフロアを増室。訪日外国人やファミリー層のグループ利用の需要に合わせて全客室(363室)をリニューアルした。

訪日外国人やファミリー層のグループに合わせ3名利用増室

出典:東急ホテルズ

訪日外国人やファミリー層、グループ利用の需要拡大を見据え、ツインルームの一部に親子ベッドを採用し、3名利用のトリプルルームを4室から32室に増室した。

また、8階のデラックスツインルーム4室は、家具の配置やクローゼットの廃止により居住空間を広げ、4名まで利用してもらえる客室2室と、収納式ベッドやLED照明を備えたドレッサーを完備した新婦支度部屋としても利用できる客室2室に生まれ変わった。

2017年に上層階の13階、14階を「スーペリアプラス(S-Class)フロア」、2018年に中層階の10階、11階、12階を「スーペリアフロア」と各フロアごとに“大阪らしさ”をデザインに取り入れながらリニューアルした。2019年3月に8階、9階のスタンダードフロア(102室)を「スーペリアフロア」に改装し、客室全フロアのリニューアルを完了した。

大阪メトロ御堂筋線江坂駅は、新大阪駅に近く御堂筋線利用で、大阪駅(梅田)、なんば、天王寺から関西国際空港の利用至便な立地。より快適に観光やビジネスの顧客に利用してもらえるよう、施設、サービスの向上に努めていくという。

【客室改装概要】
[フロア] 8階、9階
[部屋数]
・スーペリアシングルルーム60室
・スーペリアツインルーム38室(内、トリプルルーム対応32室)
・デラックスツインルーム4室(内、トリプルルーム対応2室、フォースルーム対応2室)
※8階のみ喫煙室
[広さ] 14.6平方メートル~36.7平方メートル
[主な改装点]
・液晶テレビを壁掛けにし、デスク上のスペースを確保。
・ヘッドボードにUSBプラグや読書灯、デスク上の照明をダウンライトにし、照度を上げた。
・クローゼットを廃止し、ハンガーボードを新設。
・バスルームをリニューアル。照明と壁紙を一新。
・室内ファンコイルを更新し、より快適な室内に。
・デラックスツインルーム2室は収納式ベッドを採用。ブライズルームとして利用可能。

出典:東急ホテルズ

【同ホテル 概要】

所在地:大阪府吹田市豊津町9-6
アクセス:大阪メトロ御堂筋線「江坂」より徒歩2分。

客室数:363室

414平方メートルの大宴会場をはじめとする5つの宴会場、レストラン1ヶ所

【合わせて読みたい】

セルリアンタワー東急ホテル、2019年春リニューアル完了

下田東急ホテル、伊豆下田発着ワンデークルージング

白馬東急ホテル、誕生60年フェア、年間開催

東急ホテルズ、デリバリーロボットを渋谷で導入

関連記事