ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 渋谷東急REIホテル、2019年10月13日まで全面改装

渋谷東急REIホテル、2019年10月13日まで全面改装

投稿日 : 2019.06.19

東京都

ホテル関連ニュース

渋谷東急REIホテルは、2019年10月13日(日)のリニューアルオープンを目指し明日6月20日(木)より客室、レストラン部分の全面改装に着手する。開業40周年の節目に、東京を拠点に開催される国際的イベントを見据え、益々増加が見込まれるインバウンド需要や国内旅行客のニーズを取り入れる。

訪日外国人や国内ゲストのニーズに応えた新空間を創出

出典:渋谷東急REIホテル

「渋谷東急REIホテル」は1979年1月に「渋谷東急イン」として開業、2015年に東急ホテルズのブランド再編により「渋谷東急REIホテル」と名称変更を経て今年開業40周年を迎えた。

公園通りなどの街路が整備され、ファッションビルが立ち並びトレンド発信地として注目された頃。時代の過渡期に産声をあげた「渋谷東急REIホテル」はその後世紀を超えて、街の変遷を見守りながら渋谷に集う人々の拠点として機能してきた。

この度の改装では、渋谷における大規模再開発、国際的なスポーツイベントの開催を背景に、MICE誘致の活性化、インバウンド需要や国内の観光ビジネスの増加が見込まれることから、その拠点としての受け入れ体制を整えるべく空間価値の向上を図る。 

今回は客室(224室)とレストラン(1店舗)を改装。客室はインバウンドや国内レジャーゲストビジネスの活動拠点として、アクティブに動く人が過ごしやすいような設計を施す。

シングルルーム88室をダブルルームに変更。「プロジェクター付き照明」の導入や折りたたみ可能な家具の配置をすることで、室内全体の空間を活用し、大きなスーツケースでも広げやすく収納しやすい設えにする。その他全室において、渋谷の街並みを取り入れたアクセントクロスや表装の改装を実施し、より快適な空間へとリフレッシュする。

レストランは多くの商業施設が立ち並ぶ渋谷において消費者の選択肢が広がる中、よりマーケットにあわせたレストランを目指して生まれ変わる。開放的で入りやすいエントランスをはじめ、シーンに合わせて利用できる多彩なゾーンの設定とする。

プライベートな食事会から仕事関連の集まりまで様々なニーズに応えるフレキシブルな空間設計とする。改装を機にメニューも一新し、特にドリンクメニューの充実を図るなど、若い世代から年配まで楽しめる食事と飲物のラインナップを取り揃える。 

出典:東急REI

【改装概要】
主な改装内容:客室(224室)・レストラン(1店舗)
改装工期:2019年6月20日(木)~10月12日(土)予定
営業再開日:2019年10月13日(日)予定
総工費:約4億1000万円
設計・施工:<設計・施工>東急リニューアル株式会社

改装工事中は全館休業となる。

【合わせて読みたい】

新大阪江坂東急REIホテル、グループ利用の需要に合わせ全客室リニューアル

セルリアンタワー東急ホテル、2019年春リニューアル完了

下田東急ホテル、伊豆下田発着ワンデークルージング

白馬東急ホテル、誕生60年フェア、年間開催

東急ホテルズ、デリバリーロボットを渋谷で導入

関連記事