ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 伊香保秀水園 女将「災害時の体験を通して見えてきたこと」

伊香保秀水園 女将「災害時の体験を通して見えてきたこと」

投稿日 : 2019.09.18

東京都

ホテル関連ニュース

第3回災害時の住環境・生活環境EXPO 2019が新宿の京王プラザホテルにて10月29日(火)30日(水)開催。30日(水) 10:30~11:10のセミナーで伊香保秀水園女将の飯野 由希子氏が「災害時の体験を通して見えてきたこと~災害時温泉旅館においてお客様を守る責任と可能性~」と題し講演する。

【同セミナー 概要】

日時:2019年10月30日(水) 10:30~11:10

会場:京王プラザホテル4階 かえで(東京都新宿区西新宿2-2-1)

講師:飯野 由希子 氏

1976年10月10日生まれ 生まれも育ちも群馬県伊香保温泉 跡取り娘として育った。榛名山の斜面に形成している坂の町。石段街がシンボルの温泉街。

2011年の東日本大震災、2014年の豪雪を体験。自身も恐怖や不安を覚える中、顧客の対応をしなければならなかった。できることは何なのかと考えた時に大浴場施設、食糧備蓄、簡易浴衣などの備品管理など、温泉旅館という施設が大変役に立つことに改めて気が付いた。顧客が安心、安全に避難又滞在するためには何が出来て、何が必要だったのか、そしてそこから何を学びこれからに活かしていけるのか、体験を通し見えてきたことを伝え、共に考える。

出典:日本環境保健機構

申し込みなど詳細は公式サイト参照。

【合わせて読みたい】

観光庁、災害時情報提供アプリ「Safety tips」11言語に拡大

危機管理産業展2019(10月2−4日)東京ビックサイト開催

総務省、デジタルサイネージ活用の外国人向け災害情報提供

観光客を守る防災体験型講習会、西新宿で10月29日開催

関連記事