ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 分散型ホテル「SEKAI HOTEL」富山県高岡市2020年春開業

分散型ホテル「SEKAI HOTEL」富山県高岡市2020年春開業

投稿日 : 2019.10.03

富山県

新規ホテル情報

中古住宅や長屋、オフィスのリノベーション事業を手がけるクジラ株式会社はSEKAI HOTELを富山県高岡市に2020年春開業予定。新経営体制で分散型ホテル事業SEKAI HOTELを「地方創生プラットフォーム」として大阪から全国展開する。

ORDINARY(日常)の文化体験価値を世界へ

出典:クジラ

北陸新幹線開通以降、観光客も年間380万人を超えるまでになった富山県高岡市。国宝「瑞龍寺」や雨晴海岸、ドラえもん作者である藤子・F・不二雄氏の生誕地としても有名だが、北陸新幹線で訪れやすくなった一方で「東京から3時間以内」の地域全てと競合するようになった。

宿泊観光客増加への課題感が高まる中、SEKAI HOTELがユーザーエクスペリエンスの中心に据える「ORDINARY(日常)」が高岡市にはあふれていると感じているという。

ORDINARY体験の入り口とも言える季節ごとの地域イベントやお祭りはそれぞれ多彩な表情を見せており、地元住民の日常的な慣習にも同じ日本人ですら驚き、新鮮に感じるものがたくさんある。

また、歴史の財産とも言える高岡鋳物の技術は、ホテルの空間デザインとの相性も良く、訪れる人に「五感で感じてもらう観光宿泊体験」を促せると判断。2020年春オープンに向けて開発を進める。

出典:クジラ

富山県高岡市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、高岡市には宿泊施設が41、部屋数にして2,066室が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

新経営体制でSEKAI HOTELを全国展開へ

また、クジラ株式会社(大阪府大阪市、代表:矢野浩一)は、元デロイトトーマツコンサルティングの山本直延氏が取締役に、グループ企業であるSEKAI HOTEL株式会社の取締役として元星野リゾート、デロイトトーマツベンチャーサポートの渡辺優氏がそれぞれ就任。

両名の参画により、資金調達と企業間連携を加速させ、より高い精度で社会課題を解決できる企業に成長していきたい考え。

同社は、大阪府東大阪市に「SEKAI HOTEL Fuse」、大阪市此花区に「SEKAI HOTEL Nishikujo」を運営。

「SEKAI HOTEL Fuse」では50年以上の歴史がある商店街をまちごとホテルと見立て、飲食店を中心に10店舗以上の店舗と提携を結び運営。

「SEKAI HOTEL Nishikujo」では大阪の中心地やUSJへのアクセスの良さに加え、地域の喫茶店のモーニングや地域の銭湯を無料で利用できるサービスを展開。

富山県高岡市での開業で全国展開を本格的に開始する。

【合わせて読みたい】

富山県高岡市、アパホテル〈高岡駅前〉起工式開催

「ホテルJALシティ富山」富山県富山市、2022年開業

「ダイワロイネットホテル富山駅前」2019年4月11日開業

オリックス不動産「黒部・宇奈月温泉 やまのは」3月1日改装開業

関連記事