ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「リソルキャビン東京浅草(仮)」2020年1月開業

「リソルキャビン東京浅草(仮)」2020年1月開業

投稿日 : 2019.06.12

東京都

新規ホテル情報

リソルグループのリソルホテル株式会社は、キャビンスタイルの新シリーズ“ホテルリソルキャビン”第1号となる「(仮称)リソルキャビン東京浅草」を新規運営ホテルとして2020年1月に開業する。

つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩約2分、110床

同ホテルは、「くつろぎを、デザインする。」を統一コンセプトに、全国15施設に“ホテルリソル”ブランドを展開するリソルホテル株式会社が運営を行う。

建物は、三井不動産レジデンシャル株式会社が建築中の複合建物(1階一部~4階:ホテル、1階一部・5~14階:賃貸住宅)であり、110床のキャビンを計画。

“ホテルリソルキャビン”は、カプセルホテルの合理性と“ホテルリソル”の空間づくりを両立しプライベート空間を確保した、新しい概念のキャビンスタイルシリーズ。

訪日外国人の増加や国内各地で新規ホテルの開業が相次いでいる状況を受け、訪日回数の多いリピーターのインバウンド旅行客やミレニアル世代をターゲットに、キャビンスタイルの新シリーズ“ホテルリソルキャビン”を立ち上げ、新たな交流型宿泊施設の提供を目指す。

同ホテルは、男性・女性専用フロアをはじめ5~12名までのキャビン貸切エリアもあるので、一人からグループまで宿泊スタイルに合わせて利用可能。計画地は、つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩約2分、銀座線「田原町」駅より徒歩約5分と交通至便性に優れ、秋葉原へのアクセスも良好な場所に位置しており、浅草寺や浅草の繁華街などへの観光の拠点としても便利な立地。

【同ホテル 概要】

所在地:東京都台東区西浅草2丁目
アクセス:つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩約2分、銀座線「田原町」駅より徒歩約5分、浅草線・銀座線「浅草」駅より徒歩約9分
建物構造:RC造/地上14階(1階一部~4階がキャビンスタイルホテル)
キャビン数:110床
設計/施工:株式会社本間組

東京都台東区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、台東区には宿泊施設が336、部屋数にして21,012室が提供されている。

新規開業予定は、68施設、部屋数にして5,837室が新たに供給見込み。

カテゴリー別では、カプセルホテルが14施設確認された。

【合わせて読みたい】

アゴーラ・プレイス浅草、落語3ヶ国語・着付け落語体験

最新鋭無人型ホテル「PLAYSIS ASAKUSA」5月20日開業

アパホテル〈上野 稲荷町駅北〉本日2019年4月19日開業

MUSTARD HOTEL ASAKUSA 2、5月1日開業

関連記事