ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 最新鋭無人型ホテル「PLAYSIS ASAKUSA」5月20日開業

最新鋭無人型ホテル「PLAYSIS ASAKUSA」5月20日開業

投稿日 : 2019.05.23

東京都

新規ホテル情報

東京都墨田区東駒形にて、PLAYSIS ASAKUSAが2019年5月20日新規開業した。同施設は、ヤオキ商事株式会社が住宅からホテルへの用途変更・リノベーションを担当し、同社では、開業に至るまでの市場調査および事業性検証、施設コンセプトワークなどに携わり、開業後は集客・運営管理を一括で行う。

グループ・家族向けの最新鋭無人型ホテルが東京・浅草に開業

出典:リアテック

同施設は、浅草寺や雷門が人気の「浅草エリア」、東京スカイツリーや東京ソラマチを愉しむことができる「押上エリア」、国技館や江戸東京博物館といった日本文化を感じることのできる「両国エリア」の中心にあり、また成田空港や羽田空港にも乗り換えなしでアクセスできる立地環境にある。

ホテル名のPLAYSISとは、「PLAY=遊び」と「SISSO=質素」をつなげた言葉。SISSOで落ち着いた宿泊空間と、日本全国・世界各国から集う顧客で賑わうことを願って散りばめられたPLAYを提供する。

施設は3階建てで、和モダンをベースにした内装の全16室。3~6名で泊まれる客室のほか、最大8名まで泊れるキッチン付きの客室、バリアフリーに対応したシャワールーム等を完備する客室など、さまざまな需要に応える7タイプの部屋を用意した。

また、無人対応のチェックイン機や物理キー不要のスマートロック、飲食品やアメニティなどを販売する無人コンビニの設置により、安心・快適で新しい形の滞在を提供する。

そのほか、昨年夏に開業したホステル「PLAYSIS EAST TOKYO」と連携した日本酒試飲や書道体験などの体験型イベントにより、日本文化の発信やゲスト間交流の創出も進めていく。

【PLAYSIS ASAKUSA 概要】
所在地:東京都墨田区東駒形1丁目12-2
アクセス:都営浅草線「浅草駅」徒歩6分/都営大江戸線「蔵前駅」徒歩9分
客室数:16室

定員:86名
宿泊料金:3名1室:1万4千円~/4名1室:1万6千円~/5名1室:2万円~/6名1室:2万4千円~/8名1室:3万7千円~

東京都墨田区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都墨田区には宿泊施設が91、部屋数にして4,581室が提供されている。新規開業予定は7施設、部屋数にして1,499室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

東京23区ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年1月現在)

激増する都心のホテル、新規開業のトレンドとは

東京都で進むホテル計画プロジェクト、延床面積は東京ドーム61個分も

関連記事