ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 楽天LIFULL STAY、ガレージハウス型宿泊施設を栃木と千葉に開業

楽天LIFULL STAY、ガレージハウス型宿泊施設を栃木と千葉に開業

投稿日 : 2019.12.24

栃木県

千葉県

バケーションレンタル

楽天LIFULL STAYは、ガレージハウス型宿泊施設「Rakuten STAY MOTEL」を、栃木県と千葉県に開業。「Rakuten STAY MOTEL 日光鬼怒川」は2019年12月15日(日)より、「Rakuten STAY MOTEL 九十九里浜片貝」(千葉県)は、2019年12月20日(金)より宿泊受け入れを開始した。

ドライブやツーリングを楽しむ旅行者に、新たな宿泊体験

「Rakuten STAY MOTEL」は、「ガレージハウス」というコンセプトのもと、様々な用途で利用できるビルトインガレージや施設に隣接する駐車場が組み込まれたデザインが特徴。

家族連れや友人同士でドライブやツーリングをしながら、観光や各種アクティビティを楽しむ旅行者に最適な宿泊施設。

各施設では、ガレージを建物の中に組み込み、愛車とともに旅を楽しむための工夫を随所に施した「コンセプトルーム」1部屋と、宿泊施設に隣接した駐車場を利用できる「スタンダードルーム」がある。

また、楽天コミュニケーションズが提供する「あんしんステイIoT」と「スマートロック」を導入しており、タブレット端末を活用した無人チェックイン・チェックアウトや、暗証番号による入退室にも対応しているため、顧客がより安心して過ごせる。

同施設の特徴である「コンセプトルーム」に備えられたガレージでは、天候や人目を気にせずに自動車の乗り降りや荷物の積み降ろしができることに加え、アクティビティで使用する機材のメンテナンスなど様々な作業も行える。

さらにガレージ横には特大ガラスで仕切られた和室があり、宿泊者は愛車を見ながら、ゆったり過ごすことができるという。

また、2階には広々としたダイニングや調理器具と食器を備えたカウンターキッチン、半露天風呂、電気式バーベキューグリルが付いたテラス、クイーンサイズベッドとプロジェクターが用意された寝室など、非日常の時間を体験できる設備も整っている。

「スタンダードルーム」は1フロアとなり、琉球畳を敷いた和室や調理器具と食器を備えたカウンターキッチン、ベッド、ソファー、プロジェクターが設置されたダイニング兼寝室、半露天風呂、電気式バーベキューグリルが付いたテラスがコンパクトに配置されている。

「Rakuten STAY MOTEL 日光鬼怒川」

出典:楽天LIFULL STAY

鬼怒川温泉の中心地に位置し、日光周辺のドライブや観光とあわせて利用するのに便利な立地。全客室のテラスに備えられた半露天風呂には人工温泉供給システムを導入し、ドライブやツーリング後にゆっくり体を休めることができるという。

【同施設 概要】

所在地:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1440-15

アクセス:鬼怒川温泉駅より徒歩にて約10分

営業形態:ホテル・旅館業

オーナー:株式会社仁富

オープン日:2019年12月15日(土)

宿泊料金(1室1泊):コンセプトルーム 17,500円(消費税・宿泊税・手配手数料込)から
スタンダードルーム 13,500円(消費税・宿泊税・手配手数料込)から
※価格は部屋タイプや時期、宿泊予約サイト等により変動。

部屋数:11室(コンセプトルーム1室、スタンダードルーム10室)

定員:コンセプトルーム7名、スタンダードルーム5名

敷地面積:823.62平方メートル

延床面積:662.38平方メートル

コンセプトルーム:99.99平方メートル

スタンダードルーム:49.93平方メートル

コンセプトルームガレージ:高さ2.5メートル、横幅1.9メートル、奥行き6.0メートル

主な設備詳細:チェックインカウンター、人工温泉供給システム、客室半露天風呂(ストーンバス)、天井照明プロジェクター、電気BBQグリル、キッチン、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、空気清浄機、55インチテレビ(コンセプトルームのみ)

メトロエンジンリサーチによると、栃木県日光市には宿泊施設が318、部屋数にして7,432室が提供されている。新規開業予定は3施設、部屋数にして207室が新たに供給される見込み。

「Rakuten STAY MOTEL 九十九里浜片貝」

東京からのアクセスが良く、海水浴シーズンだけでなく1年を通じてサーファーに人気の千葉県片貝に位置。駐車場横にはシャワーブースを完備し、マリンスポーツや海水浴の後に海水や砂を落として室内に入ることができる。一部の客室はペットも同伴でき、外の駐車場横にペット専用の足洗い場も設けている。

出典:楽天LIFULL STAY

【同施設 概要】

所在地:千葉県山武郡九十九里町片貝6928-418

アクセス:九十九里ICよりお車にて約10分

営業形態:ホテル・旅館業

オーナー:株式会社キャムコ

オープン日:2019年12月20日(金)

宿泊料金(1室1泊):コンセプトルーム17,500円(消費税・宿泊税・手配手数料込)から
スタンダードルーム13,500円(消費税・宿泊税・手配手数料込)から
※価格は部屋タイプや時期、宿泊予約サイト等により変動。

部屋数:7室(コンセプトルーム1室、スタンダードルーム6室)

定員:コンセプトルーム7名、スタンダードルーム5名

敷地面積:590.75平方メートル

延床面積:414.38平方メートル

コンセプトルーム:99.99平方メートル

スタンダードルーム:49.93平方メートル

コンセプトルームガレージ:高さ2.5メートル、横幅1.9メートル、奥行き6.0メートル

主な設備詳細:チェックインカウンター、自動販売機、客室半露天風呂(ストーンバス)、天井照明プロジェクター、電気BBQグリル、キッチン、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、空気清浄機、55インチテレビ(コンセプトルームのみ)

メトロエンジンリサーチによると、千葉県九十九里町には宿泊施設が22、部屋数にして268室が提供されている。新規開業予定は確認されなかった。

【合わせて読みたい】

楽天LIFULL STAYとHomeAway、民泊インバウンド強化で提携

LIFULLと楽天、ファンド活用宿泊施設開発

楽天ライフルステイとデベロップ、コンテナ型宿泊施設展開

ホームアウェイ、楽天ライフルステイ、全国古民家再生協会が古民家再生を推進

関連記事