ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > LIFULLと楽天、ファンド活用宿泊施設開発

LIFULLと楽天、ファンド活用宿泊施設開発

投稿日 : 2018.11.30

バケーションレンタル

「LIFULL HOME’S」等の住生活情報サービスを提供するLIFULLの子会社であるLIFULL Social Funding(LSF)と、楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAYは「Rakuten STAY」の宿泊施設開発へのファイナンス支援に関する業務提携に合意した。

ファンドを活用した宿泊施設開発の促進により、地域を活性化

同提携は、主に楽天LIFULL STAYが提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」の宿泊施設開発を目的とする。

楽天LIFULL STAYが持つ旅館業および民泊事業の知見、LSFが持つ資金調達やファンド運営の知見を活用し、各地域での施設開発を促進。なお、同提携ではLSFが本年11月21日に設立した「LIFULL地域創生1号投資事業有限責任組合(LIFULL地域創生ファンド)」(規模:30~50億円)からのファイナンス支援を活用する。
「LIFULL地域創生ファンド」は、LSFが設立し、LIFULLが出資者(有限責任組合員)としてすでに参画。日本国内に存在する活用されていない不動産を、戸建型宿泊施設、グランピング、ホステル、カプセルホテルなどの民泊施設または簡易宿所や、ホテル、観光施設、飲食施設、営農施設などに利活用し、地域創生に資する事業として投資することにより地域を活性化する仕組みづくりを行うもの。

金融機関や企業などの出資者は、有限責任組合員として「LIFULL地域創生ファンド」に出資することにより地域創生に必要なファイナンス支援を行うことが可能。
楽天LIFULL STAYは、昨年11月に「Rakuten STAY」を開始し、これまでに同サービスのサブブランドとして、本年5月に「Rakuten STAY HOUSE」、6月に「Rakuten STAY HOSTEL」の1号店が開業。今後も同提携によるファイナンス支援を活用し、施設のタイプに応じたサブブランドの拡充および運用代行サービスの提供を行っていく。

LSFは、国内最大級の寄付型クラウドファンディングサイトである「JAPANGIVING」の運営に加えて、ファンドレイジングコンサルティング事業およびLIFULL HOME’S会員向けの融資サービス事業を実施。

また、LIFULLへのグループ参入以降、「LIFULL地域創生ファンド」の運営に加えて、不動産事業者向けの貸付型クラウドファンディング事業の開始準備。幅広い投資家層のニーズに応えるため、寄付から投資までワンストップのプラットフォームを提供している。

両社は、同提携による宿泊施設開発を通じて、宿泊市場の拡大および地域創生に貢献していくという。

【合わせて読みたい】

LIFULL、遊休不動産の利活用、地域創生ファンド設立

楽天ライフルステイとデベロップ、コンテナ型宿泊施設展開

ホームアウェイ、楽天ライフルステイ、全国古民家再生協会が古民家再生を推進

関連記事