ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホームアウェイ、楽天ライフルステイ、全国古民家再生協会が古民家再生を推進

ホームアウェイ、楽天ライフルステイ、全国古民家再生協会が古民家再生を推進

投稿日 : 2018.06.10

バケーションレンタル

楽天とLIFULLが昨年国内における民泊事業に参入し設立した楽天LIFULL STAY、エクスペディアグループで世界最大級のバケーションレンタルサイトのホームアウェイ 、一般社団法人全国古民家再生協会は、古民家をバケーションレンタルとして活用し、国内外の旅行客に向けて、古民家の認知・価値拡大と地域の観光活性化を加速させることを目的とした業務提携について、6月4日に発表した。

古民家宿泊鑑定
3者は本提携により、古民家をバケーションレンタルのための物件として活用することで、国内外の旅行客に向けて古民家や地域の魅力を発信し、長期滞在してもらうための取り組みを強化する。本提携の一環として、全国古民家再生協会では古民家を宿泊施設として利用する場合の基準となる「古民家宿泊鑑定」を設ける。
同鑑定制度は、20項目からなり、全国古民家再生協会が認定する古民家鑑定士がそれぞれの古民家を鑑定することで、安心・安全な物件開発を担保する。
鑑定済みの古民家には「古民家宿泊鑑定済ロゴ」が発行され、そのロゴは対象物件にステッカーとして貼られるため、訪問者や観光客に認知されやすくなるとともに、ホームアウェイのサイト上でも「鑑定済古民家物件」として紹介される。
ホームアウェイは、世界190カ国、月間4,000万人のサイトに訪問する旅行者に対し、鑑定済みの物件をはじめとした古民家および各地域の魅力を訴求し、様々なマーケティング活動を通じて長期滞在を促す。楽天LIFULL STAYは、全国各地で古民家物件の開発支援と運用を担っていく。

バケーションレンタルとして再生可能な物件は64万件
同提携を受け、全国古民家再生協会は、より多くに古民家の所有・利用をより身近なものに感じてもらうべく、「古民家オーナーズクラブ」を設立。
「古民家オーナーズクラブ」では、一軒の古民家を複数名で共同所有することでその費用負担を軽減し、古民家オーナーになる敷居を下げることができる。
「古民家オーナーズクラブ」に所属するオーナーは、古民家を共同所有するだけでなく、オーナーズクラブ内の他の古民家にも宿泊することが可能。
全国古民家再生協会の調査によると全国には約128万戸の古民家が存在しており、全国古民家再生協会では、その中でバケーションレンタル物件として再生可能な物件が半分以上となる約64万件以上あると試算している。

ホームアウェイ、楽天LIFULL STAYの両トップがバケーションレンタルEXPOに登壇
ホームアウェイ日本支社長の木村奈津子氏と楽天LIFULL STAY代表取締役の太田宗克氏は5月25日、26日に開催されたバケーションレンタルEXPOにおいて登壇した。両者の講演は事前取材による概要が、同公式ウェブサイトのトピックスページ(木村氏太田氏)において閲覧可能となっている。

提携イメージと古民家宿泊鑑定済ロゴ

出典:HomeAway

 

関連記事