ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 大阪府ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

大阪府ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

投稿日 : 2019.01.23

大阪府

ホテル統計データ

2019年1月時点の大阪府における新規ホテル開発状況について市区町村ごとの開発数(施設/部屋数)のランキングトップ10を発表する。

大阪市中央区がダントツでトップ、北区・浪速区が続く

メトロエンジンリサーチによる大阪府の新規ホテル開発数について、客室数順に以下の通りランキングした。

1位 大阪市中央区 8,980室/45施設

2位 大阪市北区 3,180室/14施設

3位 大阪市浪速区 2,260室/13施設

4位 泉佐野市 1,486室/4施設

5位 大阪市淀川区 1,333室/6施設

6位 大阪市西区 924室/5施設

7位 大阪市東淀川区 776室/2施設

8位 大阪市此花区 760室/1施設

9位 大阪市福島区 703室/3施設

10位 堺市堺区 395室/2施設

半年前のランキングから大阪市中央区、大阪市北区、大阪市浪速区のトップ3の順位に変化はなく、いずれの区においても新規開発数が増加した(昨年7月時点、大阪市中央区:8,396室/50施設、大阪市北区:2,596室/10施設、大阪市浪速区:1,855室/13施設)。

特に大阪市中央区は8,980室/45施設でダントツとなり、東京23区トップの中央区(6,780室/49施設)を大きく上回る日本最大のホテル開発ラッシュ地域となっている。

また、泉佐野市が新規開発数を大きく増やし、大阪市淀川区を抜いて4位に入った。

堺市からは堺市西区がランク外となり、代わって堺市堺区が10位にランクインした。

さらに、大阪万博の開催で注目が集まる大阪市此花区や大阪市福島区が8位、9位にランクイン、今後2025年の開催に向けてさらに新規開発が進む地域となりそうだ。

【合わせて読みたい】

【ホテル開発ランキング】大阪エリア新規ホテル開発トップ10(2018年7月)

大阪府ホテル展開状況(2019年1月現在)

東京23区ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

大阪ホテル開業ラッシュー大阪市中央区で生き残る鍵とは

日本一のホテル稼働率87%を記録する大阪府、中央区がホテル密集度で日本一

関連記事