ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「大月ホテル和風館」佐野美術館展覧会鑑賞券付き宿泊プラン

「大月ホテル和風館」佐野美術館展覧会鑑賞券付き宿泊プラン

投稿日 : 2018.12.26

静岡県

ホテル関連ニュース

大月ホテル和風館」(静岡県熱海市)は、静岡県三島市にある「佐野美術館」が2019年1月7日(月)~2月24日(日)に開催する展覧会『REBORN 蘇る名刀』にあわせて、展覧会の鑑賞券付き宿泊プランを販売する。

展覧会『REBORN 蘇る名刀』

同館では、ともに静岡県内にある施設として、『江戸にあそび、街道をゆく-北斎・広重競べ-』、『おさるのジョージ展』など、これまでにも佐野美術館との宿泊プラン企画を行っており、今回で3回目となる。

1月7日から開催される展覧会『REBORN 蘇る名刀』では、家康の御霊に捧げられ火災で焼身(やけみ)となった平安時代の名刀「友成」、本能寺で信長と運命をともにしたと伝わる「不動行光」など、美しい光を取り戻した実際の刀のほか、その刀にまつわる物語を鑑賞できる。

同宿泊プランでは、同展覧会の鑑賞券のほか、美術館来訪時には佐野美術館オリジナルはがきを1名につき1枚プレゼント。

夕食は、この時期が旬の食材をふんだんに使用し、寒い時期に体の芯から温まる料理を用意。手間暇を惜しまず手作りにこだわった同館上級会席を賞味できる。

【宿泊プラン 佐野美術館『REBORN 蘇る名刀』鑑賞券付き】

期間:2018年1月7日(月)~2月23日(土)
料金:1泊夕食、朝食、佐野美術館鑑賞券付き
 1名 18,800円より(1室2名利用)※サービス料、消費税込み、入湯税別
客室:和室13畳
特典:美術館にて佐野美術館オリジナルはがきを1名につき1枚プレゼント
夕食:会席料理「名月」 お品書き(1月) ※月によってメニューが異なる。

出典:オリックス

【「佐野美術館」施設概要】

昭和41年(1966)11月10日静岡県の三島市に開館。展覧会を活動の中心にしており、刀剣・人形・絵画・絵本など多彩な内容で、年に7回程度開催。

常設展示室には収蔵品を展示しており、年4回の入れ替えがある。コレクションは、美術館創立者の佐野隆一(1889-1977)氏の収集品が基礎となっており、日本・東洋の優れた美術品を約2500件収蔵している。

開館時間: 10:00~17:00(入館の受付は16:30まで) 毎週木曜日休館
アクセス:伊豆箱根鉄道「三島田町駅」より徒歩3分

【同ホテル概要】

所在地:静岡県熱海市東海岸町3-19

アクセス:JR熱海駅より徒歩約12分またはタクシーで約5分

客室数:28

静岡県熱海市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、熱海市には宿泊施設が180展開しており、部屋数にして4,943が提供されている。新規開業予定は2施設、部屋数にして333の増加を見込んでいる。

温泉地である同市内には旅館が71施設と数多く展開している。

また、同市の旅館の平均客室単価は33,081円となっており、比較的高級旅館が多く展開していることがわかる。

【合わせて読みたい】

ぱしふぃっくびいなす 小笠原と熱海海上花火クルーズ

星野リゾート リゾナーレ熱海「漁ガール 人生最漁の日編」

隈研吾デザインのグランピング施設が11月1日熱海に開業

「雅の宿 山龢(さんが)」熱海市網代にオープン

関連記事