ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新規ホテル情報 > 帝国ホテルの長期滞在プランとは?プラン内容を徹底解説

帝国ホテルの長期滞在プランとは?プラン内容を徹底解説

投稿日 : 2022.03.25

新規ホテル情報

帝国ホテルの長期滞在プランを徹底解説。現在、コロナ禍のホテルは、長期滞在プランがトレンドです。ただし長期滞在プランはさまざまなホテルが導入してきており、集客方法にも工夫が必要です。コロナ禍で旅行需要が激変し、ホテル業界全体が長期滞在型プランを相次いで打ち出すなか、帝国ホテルは、長期滞在型プランをタワー館の全室へと拡大しました。

 

  • 帝国ホテルとは?

  • 帝国ホテルの長期滞在プラン

  • 帝国ホテルが長期滞在プランを導入する理由

  • 帝国ホテル以外で長期滞在プランを導入しているホテル

  • コロナ禍のホテルは長期滞在プランがトレンド!

について紹介します。長期滞在プランの導入を検討されている方は、ぜひご覧ください。

 

帝国ホテルとは?

帝国ホテルは、明治時代の首都計画である「官庁集中計画」が練られた際に、外国人の接遇所を兼ねたホテルを建設する構想計画に組み込まれ、設計された歴史的なホテルです。

帝国ホテルは、1980年、東京に開業したのが始まりです。現在は、大阪、上高地へのホテル展開、ハワイのハレクラニやハレプナ ワイキキとの提携など、創業の精神を継ぐ日本の代表ホテルであり、世界に通用するホテルを目指す企業として、優れたサービスや商品を提供、新しい価値の想像に努めるホテルです。

帝国ホテルの長期滞在プラン

金額客室タイプ・1室料金の場合 ハイフロア スタジオ ツイン(約30㎡・禁煙) 
1名様・2名様 100,000円 ※1室5連泊限定。サービス料・消費税込、宿泊税込。
サービス内容1)駐車場無料 ※1室につき1台無料(車両登録制)
2)サービスアパートメントのお客さま専用の共用スペースあり。洗濯乾燥機や電子レンジ、トースターなどの利用や7:00~10:00の時間帯には、朝食用のパンの提供を受けることが可能。
3)本館1階(ランデブーラウンジ)にてコーヒー・紅茶の提供。
4)ビジネスラウンジや、ミーティングルーム(1日2時間まで/ご予約制)の利用。
5)フィットネスセンター・プール・サウナ利用無料(ご予約制)

有料サブスクリプション
ランドリーサービス
ルームサービス
予約できるプランの期間2022年04月01日(金)~2022年04月29日(金)
予約URLhttps://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/stay/plan/?page=3
電話番号03-3504-1251
※2022年2月現在の内容です、最新のプラン内容は公式HPをご確認ください。

帝国ホテルは、「ホテルに住まう」新しい価値の提案とするサービスアパートメントの開始やコロナ禍の新しい生活様式に対応をしたサービス「長期滞在型プラン」を発表しました。

いずれも新型コロナウイルス感染症拡大の阻止を目的とした外出の自粛や企業のリモートワーク導入を推進したことにより、大きく影響を受けているものです。長期自粛を続けるなかで、人々の過ごし方への新しい価値感が生まれたことがサービスを始めるきっかけとなっています。

帝国ホテル 東京では、「ホテルに住まう」新しい価値の提案とするサービスアパートメントを開始しました。この「帝国ホテル サービスアパートメント」というサービスは、新しい住まい方を提案する新規ビジネスです。このサービスを開始するにあたり、帝国ホテル 東京は、タワー館の客室3フロアの一部を改修し、99室すべてをサービスアパートメントとして利用できるようにしました。

帝国ホテル 東京のサービスは、旅館業法下で行う事業になります。そのため、賃貸物件を借りるために行わなければならない契約手続きなども必要なく、宿泊当日から都心の立地条件のたいへん良い場所で、気軽に生活をスタートさせることができます。客室内には冷蔵庫やキッチンはありませんが、それらを十分に補い、快適に過ごせるサービスを用意しています。

サービスアパートメントの利用者には、共有スペースが設けられており、洗濯乾燥機や電子レンジ、トースターなどを利用することができます。また、24時間対応の専門スタッフによるサービスアテンド、食事や洗濯などはサブスクリプション方式で利用できるなど、ホテルならではのサービスを堪能できるだけでなく、自分の暮らし方に合わせて利用できるサービスがあるのも嬉しいポイントです。

帝国ホテルが長期滞在プランを導入する理由

コロナ禍で大きな話題を集めた「帝国ホテル 東京」のサービスアパートメント。帝国ホテルが長期滞在プランを打ち出したことをきっかけに、他の高級ホテルも続々と、長期滞在プランを打ち出しています。立地条件や高級ホテルというブランドに加え、さまざまなアイディアを盛り込んだことにより、料金設定は非常に安価だと話題に。高級ホテルが長期滞在プランを販売するたびに、即日完売となりました。

ーーなぜ、成功を収めることができたのか。

帝国ホテルのような高級ホテルが長期滞在プランを導入し、成功を収めたのは、多くの付加価値を提供できることが大きいと言えるでしょう。例えば、ビジネスホテルは客室主体であるのに対し、ホテルは客室以外にもフィットネスルームやプール、お食事処などの設備が充実しているため、宿泊以外の時間にも価値を生み出すことができます。

このように、高級ホテルの長期滞在プランは、滞在自体が大きな魅力となり、人々の心を掴んでいます。

ホテル側にも人件費の削減やアメニティ交換、清掃サービスの回数を抑えられるなど、長期滞在プランを導入するメリットがあります。収益を上げるという点から見ても、長期滞在プランはより魅力的なプランと言えそうです。

 

帝国ホテル以外で長期滞在プランを導入しているホテル

帝国ホテル以外でも長期滞在プランを導入しているホテルがあります。新型コロナ禍を機に住まいのあり方、働き方が多様化するなかで、生活者のニーズに合った提案の仕方は、今後ますます増え続けていくでしょう。

ホテルの長期滞在プランを利用した場合、ホテルの立地条件が良い、ホテルの施設を無料で利用できる、駐車場料金が宿泊している期間は無料、などのメリットがあります。加えて、長期滞在プランを導入する際に、ホテルはさまざまなアイディアを取り入れており、長期滞在期間中は、快適に過ごせる環境が整っています。帝国ホテル以外で長期滞在プランを導入しているホテルの金額を紹介します。

ホテル名金額
ホテルニューオータニガーデンタワー スタンダードルーム(27.3㎡)の場合
6泊7日 1名さま ¥144,000~(1泊 ¥24,000~)
12泊13日 1名さま ¥228,000~(1泊 ¥19,000~)
30泊31日 1名さま ¥420,000~(1泊 ¥14,000~)
リーガホテルロイヤルウエストウイング コンパクトツイン(18.5~19.5m²)の場合
1室〔定員1名様〕(サービス料・諸税含む)
月額(30泊)¥150,000 5泊 ¥35,000
※延泊(30泊未満)の場合、1泊追加毎に¥7,000(税金・サービス料含む)を加算
京王プラザホテル【長期滞在プラン用】改装スタンダード・ダブル(禁煙) 1名様利用の場合
7泊パッケージ(~29泊まで延泊可能) ¥63,000~
30泊パッケージ(31泊以上の延泊可能) ¥210,000~

コロナ禍のホテルは長期滞在プランがトレンド!

コロナ禍で旅行需要が激変するなか、ホテル業界全体が長期滞在型プランを相次いで打ち出しています。帝国ホテルも長期滞在型プラン「帝国ホテル サービスアパートメント」のサービスを開始、タワー館の客室3フロアの一部を改修し、99室すべてをサービスアパートメントとして利用できるよう、拡大しました。

他のホテルも同様です。さまざまなアイディアを取り入れた長期滞在型プランを開始しており、コロナ禍において、長期滞在型プランの導入は、今とても注目されているプランと言えるでしょう。ただし長期滞在型プランは注目を集めているため、さまざまなホテルが導入を開始しており、集客方法にも工夫が必要です。

長期滞在プランの集客はマンスリーホテルで

長期滞在プランを利用して頂くためには、お客様がリラックスしたり楽しく過ごせたりするようなプラン作りが重要になります。他社が運営する長期滞在プランはもちろん、集客の面も気になるところです。

マンスリーホテルは、ワーケーションや長期出張、ホテル暮らしなど、長期滞在に特化したホテルを探すことができる専門性の高さが魅力のサイトです。また、利用者には、平均20%のディスカウントで週泊できるというメリットがあります。ぜひ、一度ご覧ください。

Monthly Hotel マンスリーホテル

https://monthlyhotel.jp/

関連記事