ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新規ホテル情報 > ウィークリーマンションの契約方法や注意点、必要書類を解説!

ウィークリーマンションの契約方法や注意点、必要書類を解説!

投稿日 : 2021.12.21

新規ホテル情報

ウィークリーマンションとはどのような物件なのでしょうか。ウィークリーマンションの契約方法から注意点、メリットデメリット、そしておすすめの物件まで徹底的に解説いたします。ウィークリーマンションとはなんなのか、を学んでいきましょう。

この記事でわかること

  • ウィークリ―マンションとはどのような物件か
  • ウィークリーマンションの契約方法や注意点について
  • 東京、大阪、福岡でおすすめのマンスリーマンションも紹介

ウィークリーマンションとは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: point3d-commercial-imaging-ltd-NtStKNCGojg-unsplash-1024x683.jpg

ウィークリーマンションとは、マンションなどの賃貸住宅を1週間単位で借りることのできるサービスです。

2018年に施行された住宅宿泊事業法や旅館業法の改正から、1日からの短日貸し出しも可能となりました。マンションの一部のみを貸し出している場合から、マンションが一棟まるごと貸し出されるケースもあり、種類もさまざまです。

基本的にウィークリーマンションを借りる際には、敷金・礼金・仲介手数料は発生しません。初期費用についてが、最も通常の賃貸マンションとウィークリーマンションとの違いといえるでしょう。ただし、不動産会社によっては契約手数料や管理費などが別途発生する場合があるので、契約前にはしっかりと確認しておくことがおすすめです。

ウィークリーマンションでは1日から賃貸ができることから、料金も日割り計算で行われることが多いです。「1日分の賃料×利用日数+退去時の清掃費」の合計額が、基本的な清算額となります。

また、契約についてはメールや郵送などを使って簡単に行うことが可能です。物件には家具や家電が付いていることから、引越しの準備の時間もかからずに入居も簡単。短期滞在が目的であることから、契約時に保証人を求められることはほとんどありません。

また、多くの物件は、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・炊飯器・掃除機があらかじめ用意されているところも特徴です。

ウィークリーマンションとマンスリーの違い

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: andrea-davis-eiNT9Fk_ixk-unsplash-1024x681.jpg

ウィークリーマンションとマンスリーマンションは、短期賃貸マンションです。一般の賃貸住宅やホテルとの中間にあたる物件で、滞在を目的としたマンションという位置づけとなります。ウィークリーマンションとマンスリーマンションの大きな違いは契約形態にあります。

ウィークリーマンションは基本的には1週間の更新契約、マンスリーマンションは1ヶ月の更新契約です。ウィークリーマンションは旅館法で定められており、ホテルに近い形態といえるでしょう。ホテルを借りる場合と同様に保証人や初期費用は発生しません。滞在期間は1日から30日未満です。

マンスリーマンションは賃貸業にあたり定期借地権法で定められています。賃貸物件を借りる場合と同様に事前申込や入居審査が必要です。不動産会社によっては、保証人が必要となるケースもあります。滞在期間は1ヶ月から1年です。1カ月単位での更新が可能で更新手続きも比較的簡単です。女性専用のマンスリーマンションでは、オートロック式を採用していたり、家具や家電も女性好みになっています。

また、マンスリーマンションは国土交通省、ウィークリーマンションは厚生労働省の所管という点も大きな違いの1つです。短期間の出張や1週間程度の観光などの際の滞在に利用されることが多いのが、ウィークリーマンションです。マンスリーマンションは長期出張などで賃貸するには期間が短かすぎたり、家財をそろえるのが面倒という場合に利用されます。

ウィークリーマンションのメリットデメリット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: andrea-davis-G7rE-l7oWUY-unsplash-1024x681.jpg

ウィークリーマンションのメリットを挙げていきます。
ウィークリーマンションは、テレビや冷蔵庫といった家電品やベッドをはじめとした家具などが入居時から家電や生活用品がほぼそろっています。引越しを意識することなく、生活がすぐに生活がはじめられるのが魅力的ですね。

賃貸住宅と違って敷金や礼金・保険料などの初期費用が不要な場合が多く、水道光熱費やインターネット通信料も部屋代に含まれているのが一般的となっています。そのような理由から、諸経費が抑えられるという点でもおすすめの物件となっています。

便利な感じのあるウィークリーマンションですが、いくつかのデメリットもあります。
ウィークリーマンションには賃料が前払いとなっている場合があり、事前に資金を用意しておかなくてはいけないというケースがあります。ウィークリーマンションは、数日間などとった短期間の滞在が前提ですので賃貸住宅よりも家賃がやや高めに設定されていることも特徴です。

長期間にわたり滞在するという場合には、結果的に一般的な賃貸住宅を借りたほうが安かったなどという音もあるでしょう。生活に必要な家具などはそれっているものの、ホテル暮らしなどと比べた場合には、施設・設備面でやや見劣りをするということもあります。

ウィークリーマンションの契約フローとは

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: andrea-davis-ytBVkBA6Yoc-unsplash-1024x683.jpg

ウィークリーマンションの契約は基本的には下記の流れで行われます。

  • 空室の確認をしてから予約をする
  • 必要書類の提出
  • 料金の支払い
  • 鍵の受け渡しと入居開始
  • お目当ての物件を見つけたら、まず最初に電話かインターネットなどを通じて予約をします。

必要書類は「入居申込書」「契約書」「本人確認書類」「住民票(原本)」「収入証明書」などです。

保証人が必要とされる場合は主に「保証人の身分証明書のコピー」「印鑑証明書」なども求められるでしょう。

必要書類の提出を終え、料金を支払うと、入居可能日に管理会社などを通じて、鍵の受け渡しが行われます。

契約は、1週間単位で契約しなおさなければいけないということはありません。

運営会社により契約形態は若干異なりますが、中には1ヶ月まで借りられる場合や1年まで借りられる場合もあります。いくつか賃貸期間が設定されていて希望する期間を選ぶというスタイルが多く、契約延長を希望する場合には再契約をするという流れとなるでしょう。

ウィークリーマンションを契約するときの注意点

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: justin-docanto-1NEVlrYE-uU-unsplash-1024x640.jpg

ウィークリーマンションを契約する際には下記の点に注意をしましょう。事前に管理会社に疑問点を確認しておくことで、問題点については事前に解消することができます。

賃料が前払となる場合もある

ウィークリーマンションでは短期間での契約ということや保証人が不要という場合が多いので、予約金を事前に納める場合や全額前払で支払うという管理会社も数多くあります。

入居中の故意や過失による破損は自己負担する必要がある

基本的に入居者の過失によって室内のものを破損してしまったり、汚してしまったりといった場合には退去時に費用を負担することとなります。具体的には、排水管のつまりが原因で浸水するというケースやタバコの火による焦げ跡を作ってしまったというケースが挙げられます。通常の賃貸よりも、より気を遣い生活する必要があるでしょう。

ゴミの搬出ルールがある

ホテル暮らしとは違い、ウィークリーマンションではゴミの搬出は入居者が行うのが通常です。入居先の自治体により、ゴミの回収日や搬出方法が異なるので入居日などに確認しておくようにしましょう。なかにはゴミ出しカレンダーなどを配布しているケースもあります。

消耗品がなくなった後は自己負担となる

入居時にはシャンプーなどの備品が用意されていますが、なくなってしまった場合には入居者が補充する必要があります。照明器具の電球などについても同様です。中には負担もらえる場合もあるので、自己負担となる範囲について事前確認をしておくと安心でしょう。

契約途中で退去をした際には料金が戻ってこないケースもある

利用利用金が前払となっているウィークリーマンションでは、契約満了前に解約をする場合には差額分が返金されないというケースもあります。早めに申し出ることで日割りで返金される場合もあるので、契約内容についても契約の際に確認しておくようにしましょう。

ウィークリーマンションに住むときに住民票は異動できない

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ralph-ravi-kayden-FqqiAvJejto-unsplash-1024x683.jpg

ウィークリーマンションは一時的な仮住まいとして判断されるため、住民票の異動は行えません。住民票の異動記録は、住民基本台帳に記録されます。管理している住民記帳台帳法では、引越しをした場合には14日以内に住民票を移さなければならないと定められています。そのため、ウィークリーマンションに滞在する場合は住所ではなく居所にあたることから、住民票を異動させることができません。

ウィークリーマンションを選ぶべき人はこんな人

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: zaji-kanamajina-JpvuRFYb_Jg-unsplash-1024x683.jpg

一般的な賃貸住宅については、主に2年契約を結んで敷金や礼金・仲介手数料や保証人が必要となります。契約を更新する際には、更新料が必要な場合がほとんどです。契約が煩雑なため、締結まで数日かかってしまう場合がほとんどです。

ところが、ウィークリーマンションは、そんな煩雑な契約が必要ありません。そして、2008年3月に施行された定期借家法を機に、新たな賃貸ビジネスモデルとして注目をされるようになりました。近年では不動産会社が管理物件の空室対策のひとつとして、ウィークリーマンションに転用し、一般の賃貸よりも安い値段で貸し出すケースなども増えています。

ウィークリーマンションは元々ビジネス利用を想定したサービスのため、出張中や研修期間中の拠点として利用されることが多いです。

1日や2日ではなく、1週間以上滞在する場合にはホテルに連泊するよりも費用は割安となります。

そのためウィークリーマンションは、まずは1週間ほどの滞在を考えている方におすすめです。

また、契約を即日で済ませたい方や、急遽住居が必要となった場合にもおすすめですね。

主要都市でおすすめのウィークリーマンション

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: runnyrem-LfqmND-hym8-unsplash-1024x683.jpg

ウィークリーマンションの特徴について紹介してきましたが、注意点などでも触れてきたように細かなルールが設定されています。

ウィークリーマンションでは短期間での滞在が目的ということもあり、ある程度暮らしに便利な家電などが用意されています。しかし、ホテルの機能に比べるとやや劣るといった感じも否めません。

逆に1ヶ月程度の滞在を考えている場合には、ウィークリーマンションよりも長期滞在のできるホテルのほうが、料金もお安くなります。そこで、東京・大阪・福岡でおすすめの長期滞在のできるホテルをご紹介します。

リモートワークなどの設備が充実しているホテルや、家具家電が充実しているホテルも非常に多いので、とてもおすすめです。

東京の人気スポットにも近い場所にある「ホテルマイステイズ浅草」

客室にミニキッチンが付いており、長期滞在にも便利です。高速Wi-Fiが完備していることから、リモートワークを検討されている人にも最適です。モダンな感じの外観も特徴的で落ち着きを感じさせてくれるでしょう。都営大江戸線蔵前駅から徒歩4分の場所にあり、上野や銀座などへのアクセスも快適。浅草寺や東京スカイツリーなどの人気スポットも近いので、観光の際の利用にもおすすめのホテルです。

「ホテルマイステイズ浅草」の空室状況を見る

大阪市内の活動拠点におすすめ「WELLSTAY 難波」

電子レンジや調理機器、洗濯機・乾燥機などの長期滞在用の設備が整っています。JR「難波」駅より徒歩5分の場所にあることから、大阪市内のさまざまな場所への移動が便利です。観光だけではなく、ビジネス利用にも便利。少人数に限らず、ご家族などでの利用も可能です。部屋のタイプも多いので、まずはサイトを確認すると良いでしょう。

「WELLSTAY 難波」の空室状況を見る

はじめての福岡滞在でも安心「ナインアワーズ中洲川端駅」

中洲川端駅に直結、博多リバレインモールの地下1階にあるホテルです。福岡市の中心部にあることから、主要エリアや福岡空港などへのアクセスも抜群の立地。観光やビジネスの拠点としても利用ができます。タオル類やパジャマのほか、アメニティがセットになっているので利用に非常に便利!充実な上、リーズナブルな料金設定もありかなり良心的です。

「ナインアワーズ中洲川端駅」の空室状況を見る

ウィークリーマンションをお探しのあなたに

長期滞在できるホテルは他にもたくさん!

Monthly Hotel(マンスリーホテル)は、長期滞在ができるホテルの専用予約サイトです。

なんと、Monthly Hotel(マンスリーホテル)で予約すると、平均20%のディスカウントでホテルを予約することができます!

1ヶ月程度の出張や観光などの予定がある方は、Monthly Hotel(マンスリーホテル)をぜひとも確認してみてください!お得に素敵なスポットを見つけることができるでしょう。

合わせて読みたい
  • マンスリーマンションとは?メリットやデメ...

  • おすすめのマンスリーマンション12選!迷...

  • ウィークリーマンションとは?メリットやデ...

  • マンスリーアパート(マンション)とウィー...

関連記事