ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新規ホテル情報 > ウィークリーマンションとは?メリットやデメリット、賃貸との違いなどを解説!

ウィークリーマンションとは?メリットやデメリット、賃貸との違いなどを解説!

投稿日 : 2021.12.20

新規ホテル情報

急な出張が決まった…ホテルに滞在するとなると費用も嵩むので、あまり経済的とは言えません。

そこで、ウィークリーマンションなどを検討する方も多いのではないでしょうか。

今回は、ウィークリーマンションの特徴や価格などの概要に併せて、おすすめのステイ先もご紹介します。

1週間ほど滞在予定で、ウィークリーマンションの利用を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【この記事で分かること】

  • ウィークリーマンションと賃貸の違いとメリット/デメリット
  • ウィークリーマンションに1週間滞在する場合の平均価格
  • 東京、大阪、福岡のおすすめステイ先
  • 1週間滞在する際におすすめの宿泊先が見つかる便利なサービス

そもそもウィークリーマンションと一般的な賃貸の違いは?

ウィークリーマンションを利用したいけど、それ以前に一般的に「賃貸」と呼ばれる物件の違いがいまいちよく分からない、という方も多いのではないでしょうか。

違いを知らなければ、賃貸やホテルとの比較はできません。

まずは、ウィークリーマンションと賃貸の違いを知ることからはじめましょう。

そもそもウィークリーマンションとは、その名のとおり1週間単位で借りることのできる賃貸住宅を指します。

数日〜数週間にかけての出張など、長期滞在をする場合の利用に役立ちます。

基本的には1週間以上の利用が目的ですが、住宅宿泊事業法で1日のみの利用も可能になりました。

賃貸との主な違いは以下のとおりです。

  • 敷金、礼金、仲介手数料が発生しない
  • 家具家電が完備されているため、引っ越し作業が不要
  • 契約に関する諸々の手続きが簡易的
  • 入居審査が通りやすい

また、ウィークリーマンションの料金は基本的に「1日分の賃料×利用日数」です。

契約する会社や物件ごとに料金設定が異なったり、管理費や日用品の準備などのオプション料が発生したりすることもありますので、契約時に確認してください。

ウィークリーマンションと賃貸の違いが分かったところで、次はウィークリマンションのメリットとデメリットを見ていきましょう。

【メリット】

  • 家具家電が備え付けてある。
  • ホテルよりもリラックスできる環境が整っている。
  • 気軽に家族や友人を呼ぶことができる。
  • 入退去時の引っ越し作業が不要。
  • 入居時の諸々の手続きがスムーズに行える。

上記のメリット以外にも、最近ではインターネットが完備されていたり、セキュリティがしっかりとした女性専門の物件があったりと、ひとりひとりのスタイルに合ったお部屋を見つけることも可能になっています。

【デメリット】

  • 炊事洗濯は自分自身で行わなければならない。
  • ゴミ出しなど、物件や地域ごとにルールがある。
  • 必ずしも延泊が可能とは限らない。

また、契約期間中に退去することになった際、残りの日数分の賃料が返金されるか否かは契約する会社によって異なるので、契約時に自身での確認が必要です。

さらにウィークリーマンションには、契約が簡易的であったり引っ越し費用が抑えられたりと、メリットもたくさんある反面、審査が通りやすいため様々な職業、ライフスタイルの入居者がいます。

事前に滞在予定の物件の周辺施設や近隣住民のマナーなど、できる範囲で確認しておくと良いかもしれません。

これらのメリット/デメリットを踏まえた上で、ウィークリーマンションとそれ以外の宿泊先、どちらに滞在するのが自分に合っているかを考えましょう。

ウィークリーマンションに1週間滞在する際の費用は?

ウィークリーマンションを検討するにあたって気になるのは、やはり費用面だと思います。

1週間という短い期間とはいえ、総合的に見ると安いものではありません。

今回は東京、大阪、福岡、神奈川、埼玉でウィークリーマンションを1週間借りる際にかかる平均価格をまとめてみました。

なお、平均価格は1Rまたは1Kを条件として、各都市5物件を無作為に抽出して算出したものです。

公式なものではありませんので、あくまで参考としてご活用ください。

東京   ¥68,500
大阪   ¥44,400
福岡   ¥46,000
神奈川   ¥58,000
   埼玉   ¥59,600

例えば東京で1週間を過ごす場合、仕事場などへのアクセスを重視する人は東京で適当なウィークリーマンションを探すのが良いかと思います。

一方でコストをなるべく抑えたい人には、東京にもアクセスしやすい神奈川や埼玉でウィークリーマンションを探すことをおすすめします。

経済面や利便性など、自分自身に合った場所を選びましょう。

ウィークリーマンション以外にも1週間滞在できる、おすすめスポット

ここまでウィークリーマンションについての諸々をご紹介してきましたが、短期滞在の際に活用できるのはウィークリーマンションだけではありません。

ウィークリーマンションも検討したけど、アクセスやコストを考慮してもやっぱりホテルなど他の施設を利用したいという人もいるかと思います。

この見出しでは、ウィークリーマンション以外のおすすめステイ先をご紹介します。

【東京】IMANO TOKYO GINZA HOSTEL

東京駅から車で7分の場所に位置するこちらのホテル。

男女共用と男性専用、女性専用と様々なタイプのドミトリーとプライベートルーム(個室)から選ぶことができます。

プライベートルームの場合は各部屋にユニットバスがあり、ドミトリーの場合は24時間利用可能な共同シャワー、トイレ、洗面台があります。

また、共用ワークスペースだけでなくバーもあるので、仕事終わりのリフレッシュも可能です。

こちらのホテルに1週間宿泊する場合、¥11,200〜で利用できます。

詳しくはこちらをチェック

https://monthlyhotel.jp/landing/QjLAXJxgVXylg6z4#2021/12/01-2021/12/08-1

【東京】LOF HOTEL Shimbashi

ビジネスの街、新橋に位置するこちらのホテル。

「世界のベッド」として愛されるシモンズ社のベッドが利用でき、しっかりと仕事の疲れを癒すことができます。

また、浜離宮恩賜庭園や増上寺などの観光地にもアクセスしやすいので、空き時間で東京を満喫することも可能です。

こちらのホテルに1週間宿泊する場合、¥33,600〜で利用できます。

詳しくはこちらをチェック】

https://monthlyhotel.jp/landing/ZPwgQTvhCEMmFDTVfU1hMUAT#2021/12/01-2021/12/08-1

 

【大阪】ジョイテルホテル新世界堺筋通

大阪のランドマークとも言える通天閣の近くに位置するこちらのホテル。

アメニティも充実していて、ベッドも広々としたお部屋です。

また、フリーWi-Fiと共用ワークスペースも完備されています。

また、夜間のエントランスの施錠やカードキーによるエレベーターセキュリティシステムなど、女性も安心なセキュリティ体制となっています。

こちらのホテルに1週間宿泊する場合、¥44,600〜で利用できます。

詳しくはこちらをチェック

https://monthlyhotel.jp/landing/EyV6XaZJUx1BfQ5Byq2W8Q5Y#2021/12/01-2021/12/08-1

 

【大阪】ホテルソビアル 大阪ドーム前

京セラドーム大阪まで徒歩圏内にあるこちらのホテル。

全部屋にシャワールームが完備されていて、露天風呂のある大浴場でもゆったりと疲れを癒すこともできます。

また、ユニバーサルスタジオジャパンまで電車で20分、道頓堀グリコサインまでも2kmとアクセスも良好です。

こちらのホテルに1週間宿泊する場合、¥56,500〜で利用できます。

詳しくはこちらをチェック

https://monthlyhotel.jp/landing/XuimhSCuRRk3iN8UbCs7MHnX#1

 

【福岡】コンフォートホテル博多

博多駅から徒歩1分という好立地に位置するこちらのホテル。

広めのデスクにフリーWi-Fi完備でビジネス利用にもぴったりのお部屋です。

また、無料朝食や挽きたてのウェルカムコーヒーの提供など、ホスピタリティにも溢れています。

こちらのホテルに1週間宿泊する場合、¥28,000〜で利用できます。

詳しくはこちらをチェック

https://monthlyhotel.jp/landing/2NC6zfNLLQedrQgkRPT4DbLY#2021/12/01-2021/12/08-1

 

【福岡】KOKO HOTEL 福岡天神

福岡の商業の中心地でもある天神エリアに位置するこちらのホテル。

ビジネスでの滞在にぴったりな書斎のようなデスクもあり、ベッドも広々とした開放的なお部屋です。

また、福岡各地へのアクセスも良いので、観光でも滞在にも最適。

こちらのホテルに1週間滞在する場合、¥56,000〜で利用できます。

詳しくはこちらをチェック

https://monthlyhotel.jp/landing/c8p8aKYxCuUYqiuKiuGTjPZS#1

 

【神奈川】ゲストハウス ラ・カーヴァ

「日常使いのゲストハウス」がコンセプトのこちら。

新横浜駅にも程近く、完全個室を利用したい人におすすめです。

遮音ドアが設置されており、女性専用フロアもあるので、女性のひとりステイが少し心配…という人は要チェック。

こちらのホテルに1週間宿泊する場合、¥34,300〜で利用できます。

詳しくはこちらをチェック

https://monthlyhotel.jp/landing/jzgon4NiX8BoEumtWfq6xi8X#2021/12/01-2021/12/08-1

 

【埼玉】ホテルメトロポリタンさいたま新都心

さいたま新都心駅から徒歩1分、改札を出てからも雨に濡れずに移動ができるという好立地に位置するこちらのホテル。

シモンズ社のベッドで快適な睡眠ができる上、ドリップコーヒーや使い捨てスリッパなどのアメニティも豊富で、仕事終わりもしっかりと疲れを癒すことができます。

また、さいたま新都心駅は東京都内主要駅だけでなく、大宮や東北・上越方面に向かう新幹線も発着するため、前泊にも向いています。

こちらのホテルに1週間宿泊する場合、¥49,000〜で利用できます。

詳しくはこちらをチェック

https://monthlyhotel.jp/landing/kto8U4jj8cufTuuvFTVtpoHE#2021/12/01-2021/12/08-1

 

ここまでウィークリーマンションのメリット/デメリットや平均価格をご紹介してきて、ホテルよりウィークリーマンションの方がコストがかからないイメージを持っている方も多いかと思います。

しかし実際には、ホテルの中にも今回ご紹介したようなウィークリーマンションよりもお得に宿泊できる施設もあります。

 

1週間の宿泊先に困ったら…Monthly Hotelをチェック!

出張などによる短期滞在の際、仕事終わりに自炊したくない、女性ひとりで滞在するのでセキュリティが少し心配、などの理由でウィークリーマンションではなくホテルに滞在したい人も少なからずいるのではないでしょうか。

そんな時にぜひチェックして欲しいのが、Monthly Hotel(マンスリーホテル)というサービス。

ホテルの長期滞在専門予約サイトなので、一般的な宿泊サイトよりもディスカウント率も高く、お得に滞在することが可能です。

また、ウィークリーマンションは賃貸よりも手続きがスムーズと前述しましたが、Monthly Hotel(マンスリーホテル)ではもっとスムーズに、約10分で予約を完了することができます。

出張や旅行など、利用シーンに合わせたホテルの検索も楽々。

1週間という長期滞在ですが、予約した翌日から利用できるため、急に決まった予定でも安心です。

  • ・契約手続きや物件探しに不安を感じる
  • ・セキュリティがしっかりしたところに泊まりたい
  • ・日程ギリギリまで宿泊先を吟味したい

こう感じている人は、まずMonthly Hotel(マンスリーホテル)で滞在先を調べてみてはいかがでしょうか人きっと条件にあったお得なホテルに出会えます。

https://monthlyhotel.jp

合わせて読みたい
  • おすすめのマンスリーマンション12選!迷...

  • マンスリーマンションとは?メリットやデメ...

  • ウィークリーマンションを1週間利用した時...

  • 1ケ月だけ部屋を借りる5つの方法!一番安...

関連記事