ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新規ホテル情報 > マンスリーマンションで長期滞在はどのくらいできる?

マンスリーマンションで長期滞在はどのくらいできる?

投稿日 : 2022.01.24

新規ホテル情報

マンスリーマンションで長期滞在ってどのくらいできるの?

長期出張などのロングステイで数ヶ月間滞在する際に、賃貸よりも安く済むマンスリーマンションというものがあります。マンスリーマンションとは短期賃貸マンションの事で、1カ月単位での月払い契約など短い期間住むことを前提としたものです。短期間の入居となりますが、最長でも一体どのくらい住むことが可能なのでしょうか。また、1年の長期滞在をするメリットデメリットなどを詳しく解説していこうと思います。

マンスリーマンションとは?

マンスリーマンションでは、生活に必要最低限の家具・家電も備わっており賃貸に住むよりも初期費用が掛かりません。また、敷金礼金・仲介手数料が不要で審査も簡単となっており短期での仮住まいにとても便利です。

ウィークリーマンションとマンスリーマンションの違いですが、ウィークリーマンションは1週間単位での契約となり賃貸契約ではなくホテル業に近い旅館業になります。旅館業とは宿泊料を受けて人を宿泊させる営業のことで、そのためウィークリーマンションでは1週間未満でも日割計算となり1日から利用が可能です。

マンスリーマンションは長期滞在できる?

結論から言うと、マンスリーマンションで長期滞在は可能です。契約期間は30日以上から1年以内となっており、また延長の手続きをすることで1年以上などの長期滞在もできます。

ただし、次の入居者が決まっていたり管理会社によっては延長契約できないケースがあるのでよく確認してください。延長をする際の手続きや注意点などは後ほど解説していきます。

 

マンスリーマンションの契約形態

マンスリーマンションの契約形態は定期借家契約となります。定期借家契約とは、同じ物件に住むことが可能な期間が決められている借家のことです。一般賃貸の、契約をして住み続けることができる普通借家契約とは違い、契約期間が終了するとそこで契約が終わり契約更新はされません。なので、最初に契約した期間から延長するとなると毎回手続きが必要となります。

 

マンスリーマンションを延長するにはどんな手続きが必要?

延長するには、自動で契約更新されないので再度の手続きをします。ですが、最初の契約で必要書類は既に提出してありますので延長の手続きは簡単に行えます。契約期間を延長することが決まった時点で連絡をし、早めに必要な期間だけ手続きをしましょう。延長をする際には再度、手数料が掛かるのと延長分の清掃費の差額を支払うことがありますので、前もって確認しておくと良いでしょう。

 

どのくらい滞在できる?

会社によって異なりますが、マンスリーマンションの最長の契約期間は一般的に364日間となっています。これは、「定期建物賃貸借契約」の関係が理由です。ただし、手続き上の都合によるものなので1年以上の契約もできます。1回あたりの契約が最長364日となっているだけなので、再契約をすれば問題ありません

もし、マンスリーマンションで364日以上の延長契約をする場合、1年以上から賃料が上がる会社が多いので再契約を結ぶ前によく確認しておいた方が良いでしょう。

1年間の長期滞在なら、どんな方法が一番お得?

出張などのロングステイの候補として上がるのは、マンスリーマンション・一般賃貸・ホテルの3つだと思います。慣れない土地に単身で生活していくので、どれが1番お得なのか気になるところでしょう。それぞれ1年間の長期滞在をする場合どのようなメリットとデメリットがあるのか解説していきます。

マンスリーマンションを選ぶメリット

1.初期用が掛からない

マンスリーマンションでは敷金礼金・仲介手数料は掛かりません。さらに、生活に必要な冷蔵庫や洗濯機などの家具・家電が一式揃っています。なので、最初にかかる高い初期費用がかなり抑えられるでしょう

2.契約手続きが簡単

入居する際や退去時の一般賃貸のようなめんどうな契約が少なく済むので簡単に契約を行うことができます。例えば水道や電気、ガスなどがありますが、このような細かい契約手続きがマンスリーマンションでは既に賃料に含まれているので手続きが不要となるのです。

マンスリーマンションを選ぶデメリット

1.賃料が一括前払いのケースがある

契約時に決めた、契約期間分の賃料を前払いで一括支払いするケースがあります。マンスリーマンションでは初期費用が掛からないとはいえ、まとまったお金が必要となるので事前に確認しておくのが良いでしょう。また、途中で退去しても支払い済みの賃料が戻らないことがあります。なので、滞在期間が分からないから契約期間を長めに契約しておこうなどというのはやめた方が良いでしょう。

2.入居者同士のトラブルがある場合もある

マンスリーマンションでは審査が簡単なので、近隣の入居者とのトラブルが出る事があります。ルールを守らない入居者や騒音・苦情などが発生しトラブルに巻き込まれてしまうこともありますので、その際はすぐに管理会社に連絡しましょう

一般賃貸を選ぶメリット

1.家賃が安い

一般賃貸では、最初の初期費用は掛かりますがマンスリーマンションに比べて家賃が安く設定されています。なので、1年以上の長期滞在となるなら一般賃貸が1番安く済む傾向がありますのでおすすめです。

2.契約が終了しても自動更新される

一般賃貸は普通借家契約なので、契約期間が終了したとしても住み続けようと思えば自動的に更新されます。マンスリーマンションでは延長手続きが必要ですが、一般賃貸ではこの手続きをしなくても良いのです

一般賃貸を選ぶデメリット

1.初期費用がかかる

出費を安く済ませようと思っても、生活に必要な家具・家電を最初から揃えなければならないのでどうしても初期費用がかかってしまいます。なので、出張が多い方などは毎回一般賃貸を選ぶとなると大きな出費となってしまうでしょう。

2.退去時の手続きが面倒

退去する日が決まったら、前もって水道・電気・ガスなどの手続きをしなければなりません。また、購入した家具・家電の処分もあり、余計な労力や出費が出てしまいます

ホテル滞在を選ぶメリット

1.長期滞在用の割引やオプションがある

ホテルは基本的に回転率を優先としていて長期滞在しにくいイメージですが、長期滞在できるホテルも扱っています。平均的には、最大1ヶ月程度の宿泊が可能です。そこで、宿泊料金が割引になったりコインランドリー使い放題などホテルによって様々なオプションがあります。

2.日用品に困らない

ホテルにはアメニティが備わっており、歯ブラシやタオル、シャンプーリンスなどの日用品を常に無料で補充してくれます。日々、生活に必要なものなのでとても助かるポイントです。

ホテル滞在を選ぶデメリット

1.窓が開かない

ホテルの部屋の窓は、基本的に窓が開かないように設計されています。これは、落下防止などのために窓が全開にならないようにしているのです。なので、長期での滞在には閉鎖的な空間に居心地が悪く感じる場合もあるでしょう

2.自炊ができない

ホテルは宿泊をメインとしているため、自炊ができるような設備はありません。そのため、外食が増えてしまい生活費が増えてしまいます。ホテルによってはバイキングや朝食も付いていたりもしますが、予算は少し多めに見積もっていた方が良いでしょう

長期滞在をするなら

それぞれのメリットデメリットを比較していくと、1ヶ月程度の滞在にはホテル滞在がおすすめとなり、1年以内程度の滞在ならマンスリーマンションがおすすめでしょう。1年以上となるとマンスリーマンションでは賃料が上がる可能性がありますので、その場合は一般賃貸の方が安く済むケースもありますのでよく確認してみてください。

マンスリーマンションより長期滞在ができるホテルの方が安い場合がある

上記でも話したように長期滞在できるホテルもあり、マンスリーマンションで滞在するよりも長期滞在できるホテルの方が安くなる場合もあります。ホテル長期滞在専門予約サイトの「マンスリーホテル」は長期滞在を専門とした予約サイトとなっていて、一般的な宿泊よりも平均20%も安く提供されているのでおすすめのサイトですどのようなホテルがあるのか3つご紹介しましょう。

リッチモンドホテルプレミア東京押上

https://monthlyhotel.jp/landing/yeoDVmfUfaxxWTigYtixAamN#2022/02/01-2022/03/01-1 

〒131-0045 東京都墨田区押上1-10-3

東京観光の新しい拠点、東京スカイツリータウン。

日本が誇るタワーを前に佇むのが「リッチモンドホテル プレミア東京押上」です。羽田空港をはじめ、どこへいくにもアクセス抜群な当ホテルは観光だけではなくビジネスでもご利用いただけます。

交通アクセス

押上駅B3出口から徒歩1分   

【乗り入れ路線】・東京メトロ半蔵門線 ・都営浅草線 ・京成押上線 ・東武伊勢崎線

スーパーホテル広島天然温泉・薬研堀通り

https://monthlyhotel.jp/landing/a7kwEUj2XX6ijPL6Y3m9GfkZ 

〒730-0026 広島県広島市中区田中町2番28号

広島有数の繁華街、流川・薬研堀に立地しています。TVにHDMIケーブルの接続可能。天然温泉で心身ともにリラックスできます。

交通アクセス

・胡町駅/銀山町駅より徒歩で約8分 ・広島高速2号線 大洲ICより車で約15分

ホテルマイステイズ札幌すすきの

https://monthlyhotel.jp/landing/ekhBgouGWrZx7gEaLSzNTkL4

〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西5-1-7

ホテルマイステイズ札幌すすきのは、地下鉄の南北線「すすきの」駅から徒歩6分と東豊線「豊水すすきの」駅から徒歩10分、繁華街として有名な「すすきの」中心部にも近く、アクセス抜群の環境です。

交通アクセス

南北線「すすきの」駅5番出口より徒歩にて7分

引用元:https://www.monthlyhotel.jp/

まとめ

3つおすすめのホテルをご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。マンスリーホテルでは、独自の長期専用プランがありキャンペーンなども開催をしたりと長期出張などでホテルを探すのにおすすめのサイトとなっています。また、急な予定にも対応できるよう24時間スタッフが常駐しており、翌日からも簡単に予約が可能です。

ホテルでの生活だと、ホテルバイキングや朝食があったり部屋の掃除などもやってくれるので家事をあまりしなくて済みます。単身赴任で行かれている方や仕事が忙しい方などにはとても嬉しいですよね。

ホテルでの長期滞在を検討している方は、是非マンスリーマンションを利用してみてください。

関連記事