ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新規ホテル情報 > ウィークリーマンションの探し方とコツ!これさえ抑えればお得に

ウィークリーマンションの探し方とコツ!これさえ抑えればお得に

投稿日 : 2022.01.05

新規ホテル情報

ウィークリーマンションの探し方を徹底解説!生活のスタイルが多種多様になった昨今、ウィークリーマンションもその数を増やしています。ウィークリーマンションといっても様々なものがあるのですが、どのように探せばいいのでしょうか。今回は、ウィークリーマンションの詳細について触れるとともに、実際に探す際のポイントについて焦点を当てて紹介していきます。

この記事でわかること

  • ウィークリーマンションの探し方
  • ウィークリーマンションを探す際の注意点
  • ウィークリーマンションよりもお得に滞在できるホテル

 

ウィークリーマンションとは?

ウィークリーマンションといいのは、文字通り週間単位で借りることができるマンションのことです。1週間、2週間と、週ごとに契約をしていくものなので、出張や小旅行など短期的に滞在をしたいという人に人気の宿泊施設でもあります。ただ、現在では旅館業法というものの改正によって、1日のみ利用することも可能となっています。

ウィークリーマンションはそのマンション一棟が丸ごとウィークリーマンションとして使われているものもあれば、通常のマンションの一部分だけがウィークリーマンションとなっているものもあります。そのため、借りる際にはあらかじめ環境を確認しておく必要があります。

ウィークリーマンションは日本で生まれたものであり、海外ではあまり見られません。通常のマンションのように家具や家電を自分で運ぶのではなく、あらかじめ揃っているのですぐに住み始めることが可能です。

 

マンスリーマンションとの違い

ウィークリーマンションと似た形式のものに、マンスリーマンションというものもあります。こちらはマンスリーという名前からわかるように、一ヶ月単位での長期利用を目的に利用されるもの。単身赴任や長期旅行など、1ヶ月以上滞在するという場合には、マンスリーマンションを利用するのも一つの手段です。

ウィークリーマンションとマンスリーマンションには、基本的に大きな違いはありません。システムとしては同様ですし、借りる期間の違いと思っておけば良いでしょう。マンスリーマンションの場合は、基本的に30日以上から借りることができます。料金の面を見ると、週間単位のウィークリーマンションと、月単位での支払いとなるマンスリーマンションでは若干の違いがあります。

 

料金について

ウィークリーマンションは、通常の賃貸マンションと比較すると、料金形態にも違いがあります。基本的にウィークリーマンションやマンスリーマンションというのは、短期的な利用が前提となるため、敷金や礼金がかかりません。その分、お得に利用することができるのです。

では、どのようなお金がかかるのでしょうか、以下にまとめてみました。

  • 事務手数料
  • 管理費
  • 清掃費
  • オプション料

これらは基本的な費用であり、もちろんウィークリーマンションによって違いはあります。事務手数料がかからないところもありますし、管理費や清掃料がまとまって表記されているところもあります。

ちなみにオプション料というのは、例えばリネンの交換費用だったり、洗剤や掃除用品の費用だったり、さまざま。こちらも、どういう費用が含まれるのかということは、ウィークリーマンションによります。

 

ウィークリーマンションの探し方

ウィークリーマンションに興味が出たら、早速検索をして物件を探してみましょう。ただ、そうはいってもどのように探せばいいのかわからない、ということもあるでしょう。基本的にウィークリーマンションは、賃貸マンションとは探し方も異なります。内覧もできないので、後悔しないために選び方にも注意しましょう。

 

  • ポータルサイトで探す

ウィークリーマンションを効率的に探したいのであれば、専門のポータルサイトをチェックしてみましょう。日本全国のウィークリーマンションが集まって登録されているので、マンションの不動産会社で探すよりも探しやすいのが大きなメリットです。

ポータルサイトでの検索方法は、以下の通り。

  1. 条件を入力する
  2. 物件を検索する
  3. 予約申し込みをする
  4. 不動産会社からの連絡を待つ
  5. 申し込み手続きをする
  6. 入居手続きをする

基本的にはポータルサイトで検索をして、気に入ったものがあれば、管轄の不動産会社に問い合わせる、というシンプルな方法で申し込みができます。不動産会社に連絡をして審査が通れば、すぐに入居が可能です。

 

  • 運営会社の公式HPで探す

ポータルサイトのほかに、ウィークリーマンションを運営している会社のホームページをチェックするという方法もあります。近年はウィークリーマンションの需要も高まっており、不動産会社での取り扱いも増えています。手っ取り早く物件を探したいのであれば、地域とウィークリーマンションなどで検索をかけ、運営会社から探してみましょう。

運営会社のホームページからウィークリーマンションを探すのであれば、以下の手順で行いましょう。

  1. エリア内でウィークリーマンションを運営している会社を検索する
  2. 利用する都道府県を選んで、検索する
  3. 物件が見つかったら、問い合わせフォームか電話番号から連絡をする
  4. 物件を決めたら、契約に移る

こちらも非常にシンプルな手順で、契約を行うことができます。都道府県を入力することで手軽に物件を探せるので、旅行や出張で他府県にいう場合にも便利です。

 

ウィークリーマンションを探す際に注意すべきポイント

ウィークリーマンションを探す場合には、いくつか気をつけなければならない点があります。契約後に後悔しないためにも、以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • 期日、予算に合っているか
  • 家具や家電の充実度
  • かかるコストの内訳
  • 間取りや写真、立地をチェック
  • 利用に際してのルールを確認

 

期日、予算に合っているか

ウィークリーマンションの賃料もそれぞれなので、まずは自分が考えている予算内で借りられるのか、ということを考えておきましょう。外観や内装が気に入ったとしても、予算に合わなければ契約は難しいでしょう。

ウィークリーマンションの費用としては、事務手数料などの初期費用もありますし、契約を更新するのであればその都度管理費や清掃料、そして賃料が必要となります。また、リネンの交換費用などの諸経費がかかるところもあるので、その辺りも含めて予算を考えておきましょう。

敷金・礼金がないとはいえ、継続的に費用はかかるので、どれくらい利用するのか、ということを加味した上で、費用面を考えていきましょう。

 

家具や家電の充実度

ウィークリーマンションやマンスリーマンションというのは、自分で家具を用意する必要はありません。基本的にはマンションの部屋ごとに家具や家電がついているので、そのまま入居することができるのが大きな魅力でもあります。

ただ、用意されている家具や家電というのは、マンションによって異なります。ベッドなどの基本的な家具は揃っているでしょうが、ドライヤーなどの細々したものなどは用意されていないこともあります。

自分が普段どのような生活をしているのかということを見直し、必要な家具や家電があれば、メモしておきましょう。そして物件探しをする際に、必要な道具が揃っているのかどうかをチェックすることが大切です。

 

かかるコストの内訳

ウィークリーマンションは、通常の賃貸マンションとはかかる費用が異なります。基本的には初期費用がかかりますが、これも物件によってさまざま。中には、初期費用があまりかからない物件もあるので、お得に済ませたいのであればそうした物件を選ぶのも一つの手段です。

また、利用中の水光熱費や清掃費用も発生するので、あらかじめ念頭に入れておきましょう。また、管理費や共益費、保険料や手数料、オプション料金とsて鍵の交換費用やインターネット料金を請求されるところもあります。

賃料に関しては物件にもよりますが、前払い制のところもあるので、予算をしっかりと考えた上で、申し込みをしましょう。また、トイレットペーパーなどの消耗品は備え付けになっているところも多いですが、なくなった場合の補充は原則として利用者もちのところがほとんどです。

 

間取りや写真・立地をチェック

通常、賃貸マンションであれば、契約前に内覧をすることができます。家の中の雰囲気や、間取りと照らし合わせてライフスタイルなどを想像することができるのが内覧のメリットです。しかし、ウィークリーマンションは内覧不可が原則です。

実際に物件に出向いて見ることができないので、間取り図や写真をもとに判断するしかありません。この点はデメリットとも言えますが、工夫をすれば住んだ時のイメージをすることもできます。

写真などをしっかりとチェックした上で、気になるところがあれば質問してみると良いでしょう。また、短期的とはいえ一定期間住むわけですから、立地も重要。立地に関してはGoogle Mapなどで確認することもできます。

 

利用に際しての細かなルールも確認

一口にウィークリーマンションとくくっても、マンションによってさまざまなルールが定められています。マンションごとにチェックしなければならないのは、以下のポイントです。

  • ゴミの出し方
  • 消耗品の補充について
  • 賃料を支払うタイミング
  • 過失による破損の対応
  • 契約途中での退出

近隣住民とのトラブルになりやすいゴミの出し方などに関しては、事前にしっかりと確認をしておきましょう。消耗品の補充は自由な場合が多いですが、負担は自分なのか、まとめて管理会社が行ってくれるのかということも要チェックです。

また、賃料の前払い/後払いも把握しておかないとトラブルに発展します。ウィークリーマンションも賃貸ですから、破損をしてしまった際には弁償しなければならないケースもあります。契約途中で退去する場合には、契約金が戻ってこない場合が多いですが戻ってくることもあるので、こちらも確認しておきましょう。

 

ウィークリーマンションよりお得に2人で長期滞在するなら

ウィークリーマンションも便利ではあるのですが、2人以上で滞在する場合、他の方法でよりお得に滞在することも可能です。

 

ウィークリーマンションより長期滞在ができるホテルの方が安い場合がある

長期的に利用するのであれば、ウィークリーマンションよりも、比較的長期間滞在できるマンスリーマンションなどを利用した方が、1日当たりの宿泊費がお得になる場合があります。以下におすすめのホテルをピックアップしたので、チェックしてみてください。

 

コンフォートホテル函館(北海道)

引用元:https://monthlyhotel.jp/landing/OMe9jqxoLYmXVvzB

コンフォートホテル函館は、函館駅から徒歩2分の距離にあり、アクセスしやすいのが魅力です。チェックイン後は挽きたてのウェルカムコーヒーを堪能できます。全室禁煙となっており、Wi-fi完備なので仕事関係の利用にも便利です。

小学校6年生までは添い寝が無料というユニークなサービスもあり、朝食が無料なのも嬉しいポイント。家族や恋人におすすめのホテルです。

詳しくはこちら

https://monthlyhotel.jp/landing/OMe9jqxoLYmXVvzB

 

ホテルタビノス浜松町(東京都)

引用元:https://monthlyhotel.jp/landing/V7RbqF4QnoDDAw1pDBfFGmRU

ビジネス街として知られる東京都・浜松町にあるこちらのホテルは、「漫画」をモチーフとした、珍しいコンセプトでつくられています。全室が漫画のようなデザインの内装になっているので、漫画好きにはたまらない空間です。

竹芝駅から徒歩1分とアクセスしやすく、Wi-fi完備で全室にシャワーブースがついているのも嬉しいポイント。さらにバー・ラウンジが付いているので、お酒好きにはたまらないホテルです。収納スペースも多いので長期宿泊にもうってつけですし、Instagramのフォトコンテストなども実施しており、毎日飽きずに楽しめるでしょう。

詳しくはこちら

https://monthlyhotel.jp/landing/V7RbqF4QnoDDAw1pDBfFGmRU

ワイズホテル新大阪(大阪府)

引用元:https://monthlyhotel.jp/landing/XN4YO9xA0ay12elp

ワイズホテル新大阪は、大阪府淀川地区にあります。この周辺はビジネス街として栄えており、ユニバーサルスタジオジャパン™や海遊館、京セラドームや大阪城ホールなどへのアクセスも抜群。御堂筋線の西中島南方駅から徒歩5分という立地も魅力です。

府民限定プランなどの地域密着プランがあるのも目玉の一つ。ビジネスで利用するには最適で、口コミでは部屋の清潔感にも定評があります。シンプルでシックな内装なので好みも別れにくく、ゆったりとしたひと時を過ごすことができるでしょう。

詳しくはこちら

https://monthlyhotel.jp/landing/XN4YO9xA0ay12elp

まとめ

手軽に居住できるウィークリーマンションは魅力的ですが、長期的に住む予定があるのなら、リーズナブルなマンスリーホテルがおすすめ。長期滞在できるホテルをお探しなら、ぜひMonthly Hotel-マンスリーホテ-(https://www.monthlyhotel.jp/)を利用してみてください。

関連記事