ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 旅館・ホテル向け「ムスリムおもてなしサービス」開始

旅館・ホテル向け「ムスリムおもてなしサービス」開始

投稿日 : 2019.11.26

静岡県

ホテル関連ニュース

有限会社沼田は、全国の宿泊施設を対象にムスリム(イスラム教徒)の迎え入れを支援する「ムスリムおもてなしサービス」を2019年12月2日(月)より開始する。同サービスは2019年7月に中小企業庁より承認された経営革新計画に基づき推進していく。

宿泊施設のムスリム対応の企画から実行まで支援

出典:沼田

訪日外国人数が増加する中、世界人口の25%を占めるムスリム(イスラム教徒)の誘致は大きなビジネスチャンスと言われている。しかし、「食や礼拝などの文化の違い」や「ムスリム対応の設備投資の大きさ」が大きな課題となり、東京や大阪を除く多くの地域では宿泊施設でのムスリム対応が遅れている。

結果として、イスラム圏の旅行代理店からも「日本での旅行プランのバリエーションの少なさ」等が課題として挙がっている。

一般的に宿泊施設が認証機関によりハラール認証を得てムスリムを受け入れるには、専用キッチンの新設やイスラム教徒の雇用が必要。これには数百万円から数千万円の初期投資が求められ、投資を回収できないリスクがつきまとう。

一方で「ムスリムフレンドリー」という考え方があり、「ムスリムの文化や考え方を理解した上で、各々が提供可能な範囲内でサービスを提供すること」を指す。この方法であれば、数万円規模の初期投資からムスリム対応を始められ、事業の成長に合わせて投資額を増やせるため、リスクをコントロールできる。

同社の「ムスリムおもてなしサービス」は、宿泊施設におけるハラール対応の企画から実行までを支援するトータルサービスとなり、おもてなしのノウハウ提供から資材・食材の手配までを同社がまとめて支援する。

まずは数万円からはじめられる「ムスリムフレンドリー」で対応を進め、宿泊客数の増加に応じて「ハラール認証」の取得を目指すスモールスタート方式で、顧客のムスリム対応を推進する。

礼拝マット・キブラコンパス

出典:沼田

【会社概要】

商号:有限会社沼田

代表者:代表取締役 沼田 豊一郎

所在地:静岡県三島市西旭ケ丘町4041-2

設立:1989年7月

主な事業内容:食品の製造/卸売/小売、ハラール対応支援

資本金:500万円

【合わせて読みたい】

東京都「ムスリム等外国人旅行者受入セミナー」全8回無料

調理師のためのハラール研修、全国10カ所で開催

ムスリム向け「Jesly Villa Tokyo」2019年9月12日開業

共立メンテナンス、浅草のドーミーインで全食事ハラール対応

関連記事