ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 共立メンテナンス、浅草のドーミーインで全食事ハラール対応

共立メンテナンス、浅草のドーミーインで全食事ハラール対応

投稿日 : 2019.07.30

東京都

ホテル内レストラン

共立メンテナンスは、ビジネスホテル『展望大浴場 あさひ湯 ドーミーイン・global cabin浅草』において、一般社団法人ジャパン・ハラール・ファンデーションから飲食部門の認証を取得し、同ホテルにおいて提供する全ての食事のハラール対応を開始した。

日本のビジネスホテルで初のハラール三つ星認証を取得 

出典:共立メンテナンス

今般、共立メンテナスが取得した認証は「全てのハラール」を意味する三つ星認証で3つに分類される認証でもっとも厳格なものになり、ビジネスホテルでの取得は日本初だという。

現在、イスラム教の教えを信じるムスリムの人口は世界人口の1/4を占める約18億人に達し、ムスリムを対象とする市場規模は推定300兆円になると言われている。世界のムスリムの中でも、とくにインドネシアやマレーシア、シンガポールなどアジアの国に多くのムスリムが暮らしている。

2020年の東京オリンピック/パラリンピックではこうした国々からも多くの人々の来日が予定される中、共立メンテナンスではムスリムのゲストに快適に滞在してもらうため、今回のハラール対応メニューを提供することになり、認証の申請に至った。 

ハラール認証取得およびメニュー開発においては、ゲストの要望、食材の選定、仕入先の確保、スタッフへの教育等に関して十分に検討を行った。共立メンテナンスはハラールを特別食ではなく、すべてのゲストに安心して楽しんでもらえる食事として捉え、今般のメニュー改定はムスリムのゲストを含む海外の人々はもちろんのこと、日本のゲストにも十分に満足してもらえるものと考えているという。

ドーミーイン名物で海外のゲストからも人気の高い夜食メニューである「夜鳴きそば」をハラール対応し(同施設のみ)、食材に工夫を凝らしながら、従来と遜色のない味を実現した。

出典:共立メンテナンス

この夜鳴きそばや、牛すき鍋およびクリームシチューなどを取り入れた朝食の提供を開始しており、メニューの拡充に関しては今後も検討していく考え。

出典:共立メンテナンス

10階には礼拝室を設け、食事以外の面においてもムスリムのゲストが快適に日本で過ごせるよう努めている。

出典:共立メンテナンス

【同施設 概要】
正式名称:ドーミーイン・global cabin浅草
食事メニュー:<朝食>和定食(牛すき鍋、副菜、味噌汁、もち麦ご飯)/洋定食(クリームシチュー、副菜、日替わりパン、オリーブオイル)※セミバイキングとドリンクバー付き <夜食>夜鳴きそば(ドーミーイン名物のあっさり醤油ラーメン)
提供開始日:2019年7月13日
所在地:東京都台東区花川戸1-3-4
アクセス:東武線「浅草駅」北口より徒歩約2分/地下鉄銀座線「浅草駅」5番出口より徒歩約2分/都営浅草線「浅草駅」から徒歩約5分
駐車場:収容台数 1台(3,000円/泊) ※事前電話予約制
客室数:75室 (2Fフロアはglobal cabin)
建物:地上10階建
リニューアルオープン価格:<ドーミーイン>ダブル1名¥7,790(税込)~朝食付 /<global cabin>ツインキャビン1名¥8,790(税込)~朝食付 ※2019年7月13日~2019年9月30日まで

【合わせて読みたい】

東京都、ベジタリアン/ヴィーガン受入対応紹介店舗募集

「TOKYO MUSLIM Travelers’ Guide 2020-2021」募集

ホテル椿山荘東京「ヴィーグル ヴィーガン&グルテンフリーメニュー」

ハラル認証取得の焼成冷凍パン、ホテル・レストランに対応

東武鉄道、川越エリアのムスリム観光MAPを発行

関連記事