ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 国交省「台風15号に係る鉄道の計画運休に関する検討会議」

国交省「台風15号に係る鉄道の計画運休に関する検討会議」

投稿日 : 2019.09.17

千葉県

東京都

神奈川県

ホテル関連ニュース

国土交通省では、台風15号における計画運休を振り返るため、全国の鉄道事業者や気象庁を集めた会議を開催し、台風15号における各鉄道事業者の計画運休の対応や今後の課題等について意見交換を行う。

9月9日(月)未明から午前にかけて台風15号が関東地方を縦断し、各地に大きな被害をもたらした。台風15号の通過に備え、首都圏等の各鉄道事業者においては、8日(日)夜から9日(月)朝にかけて計画運休が実施された。

国土交通省では、今回の台風15号における計画運休を振り返るため、9月19日(木)、全国の鉄道事業者や気象庁を集めた会議を開催し、台風15号における各鉄道事業者の計画運休の対応や今後の課題等について意見交換を行う。

首都圏を直撃した台風15号ではJRと私鉄は初めて、足並みを揃えて計画運休に踏み切ったが、出勤時間帯の9日(月)午前中における運転再開を巡り駅では長蛇の列や入場規制が行われるなど、大混雑や一部混乱が生じた。

今回の事態を受けて、災害時に加えて、来年の東京五輪開催中においても交通混雑が予想されていることから、行政側の促進支援や民間レベルでもテレワークの推進の必要性について議論や導入を進める動きが活発化している。

【合わせて読みたい】

台風15号被害、千葉県が避難所として活用可能な施設情報提供

台風第15号被害、千葉県内停電続く、ホテル浴場無料開放

台風第15号被害、停電により千葉県宿泊施設の営業に支障

関連記事