ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 台風15号被害、千葉県が避難所として活用可能な施設情報提供

台風15号被害、千葉県が避難所として活用可能な施設情報提供

投稿日 : 2019.09.17

千葉県

ホテル関連ニュース

千葉県は台風第15号による停電に伴い、災害救助法が適用されたことから、県が千葉県旅館ホテル生活衛生同業組合と締結した「災害時における宿泊施設等の提供に関する協定」に基づき、避難所として活用可能な施設情報の提供を始めた。

17日現在、避難所として利用可能との申し出のあった施設数は、7施設(千葉市内2施設、銚子市内1施設、袖ケ浦市内1施設、白子町内3施設)。

対象は、高齢者、障害者等であって避難所での生活において特別の配慮を要する人で緊急度等により、市町村が必要と認める人。

市町村が対象者を選定し、協力宿泊施設に申し込みを行う。

施設の提供内容は、宿泊場所、食事及び入浴施設。

また合わせて県は各市町村における給水、入力、充電などの生活関連情報の提供を行なっている。

さらに、千葉県では災害ボランティアセンターを開設し、災害ボランティアや寄付金の受付を行なっている。

現地では当初の復旧見通しが甘く、避難が長期化する事態となり被害状況がより深刻化している。

こうした中、食事や水分が十分に取れない状態で、車中泊など車などの狭い座席に長時間座っていると、足に血行不良が起こり、血液が固まりやすくなるいわゆるエコノミークラス症候群の危険性も高まっており、こまめな水分補給や軽い運動の必要が呼びかけられている。

【合わせて読みたい】

台風第15号被害、千葉県内停電続く、ホテル浴場無料開放

台風第15号被害、停電により千葉県宿泊施設の営業に支障

関連記事