ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 民泊支援サービス「MIRANOVA民泊許可事前診断」

民泊支援サービス「MIRANOVA民泊許可事前診断」

投稿日 : 2019.01.15

指定なし

バケーションレンタル

株式会社ジーテックがこの度、物件情報、民泊(民泊新法・特区民泊・旅館業)の申請可否を詳細かつ簡単に知ることができる民泊支援サービス「MIRANOVA民泊許可事前診断」をリリース。これにより民泊の申請が通る可能性が高い物件かどうかの判断を正確・迅速に確認できるようになる。

出典:ジーテック

複雑な民泊許可届出の「申請可否」をクラウドで手軽に診断

株式会社ジーテックはミラノバという住宅宿泊事業法(民泊新法)、特区民泊、旅館業法などの複雑な民泊許可届出をクラウド上で簡単にワンストップで申請できる民泊届出サポートサービスを運営。

申請に係る書類の作成を簡易なフォーム入力で可能とし、さらに、全国150人超の行政書士で構成されたネットワークが必要書類の収集をバックアップするなど、専門家ならではのノウハウに裏付けされたサービス構成と、手厚いサポート体制が市場で人気を博している。

おかげさまでミラノバの民泊申請件数は500件を超え、全国の保健所や消防署との対応を経て、ミラノバチームは民泊手続に関するノウハウを着実に向上させることができた。

一方、たくさんの申請手続を行う中で、消防法や都市計画法などの規制によって申請手続が難航するケースも目の当たりにしてきた。

また、民泊を目的として物件を購入したのちに同社へ相談したものの、実はその住所は民泊営業ができない場所であり、申請を断念されたようなケースもあった。

そのような事態に陥らないためにも、申請が通る可能性を事前に調べ、可能性が高い物件にアプローチすることが重要であり、効率的。

豊富な経験をもつミラノバチームならば、顧客の物件情報をもとに届出や許可が取れる可能性を正確・迅速に判断できる。

同サービスは、1物件単位で案内。2019年3月31日までキャンペーン価格として10,000円(税抜)で提供する。

【合わせて読みたい】

かながわ観光活性化ファンド、古民家再生のくらつぐに出資

民泊ホテル運営代行サービス「MAGOCOLO(まごころ)」

JTBとスペースマーケットが資本業務提携

住宅宿泊協会(JAVR)が2019年1月設立

関連記事