ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > マンダリンオリエンタル、ダラスに2022年、新規ホテルとレジデンス開業

マンダリンオリエンタル、ダラスに2022年、新規ホテルとレジデンス開業

投稿日 : 2019.11.21

海外

新規ホテル情報

マンダリン オリエンタル ホテル グループはこのたび、アメリカ合衆国テキサス州ダラスに建設中の25階建の多目的タワービル内に誕生するホテルの運営権を獲得し、2022年に、マンダリン オリエンタル ダラス、およびレジデンス・アット・マンダリン オリエンタル ダラスとして開業する。

新規ホテルとレジデンス施設を内包する新築のタワービルは、ダラス市内で高級住宅街として知られるタートルクリークに誕生。市内のビジネス中心街ならびに、1950年代につくられた斬新な建築、フランク・ロイド・ライトの設計で知られる「ダラス・シアター・センター」、広大な区域に美術館や、科学博物館、歴史博物館に加え、劇場が立ち並ぶ「ダラス・アート・ディストリクト」などからも至近の大変便利なロケーションとなっている。

マンダリン オリエンタル ダラスの施設概要は以下のとおり。

・スイートタイプを含む、計176の客室

・オールデーダイニングレストラン、ロビーラウンジ、MOバーを含む4つの料飲施設

・広々としたミーティングルームと宴会場

・マンダリン オリエンタルグループが誇る、数多くの受賞歴を有するウェルネスプログラムを提供するスパ施設

・フィットネスセンターや屋外プールなどのレクリエーション施設

タワーの上階部には、ダラス市内や公園の素晴らしい眺望を満喫できる、計100室のラグジュアリーなレジデンス施設、レジデンス・アット・マンダリン オリエンタルが誕生。

市内屈指の高級感あふれるデザインが特徴の同レジデンスでは、マンダリン オリエンタルならではの伝説的なサービスはもちろんのこと、下層階のホテルの施設各種も楽しめる。屋外プール、クラブラウンジ、プライベートガーデンなど、居住者専用のプライベートな施設も開発予定。

同タワービルを所有し、開発を担うJMJ Development社は、アメリカ、メキシコ、アラブ首長国連邦などで数多くの不動産開発プロジェクトを手掛ける、大手不動産会社。

マンダリン オリエンタル グループのグループ・チーム・エグゼクティブ、ジェームズ・ライリー氏のコメントは以下の通り。

「国内外から多くの観光客が訪れ、活気にあふれるダラスの中心部に、新規ホテルとレジデンス施設を開業できることを大変嬉しく思います。ダラスは、ビジネスとレジャーの両面でアメリカ国内屈指のデスティネーションのひとつであり、この都市に進出できることを楽しみにしております。我々は、マンダリン オリエンタル ダラスのお客様とレジデンス・アット・マンダリン オリエンタルのオーナー様の両方に対し、当グループが誇る一流のサービスとラグジュアリーなアメニティの数々をご提供してまいります」

JMJ Development社の最高経営責任者、ティモシー・L・バートン氏は以下の通り述べた。

「マンダリン オリエンタルが、当社の開発物件の一部となっていただけることを大変誇りに思います。この新規開発により、既に高級エリアとして名高いタートルクリークに新たな魅力が加わり、ダラスのラグジュアリーなサービスの新たなスタンダードが生まれることでしょう。当プロジェクトにより、最高級レベルの滞在場所や居宅をお求めの方にベストな選択肢をお届けすることができるのです」

【合わせて読みたい】

マンダリンオリエンタルバンコク、リバーウィング改装完了

マンダリンオリエンタル東京「ピッツァバー on 38th」最高評価3スライス受賞

「マンダリン オリエンタル パレス ルツェルン」2020年末開業

マンダリンオリエンタル、2022年中国南京で新規ホテル開業

関連記事