ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > KIRO広島-THE SHARE HOTELS-、2019年9月13日開業

KIRO広島-THE SHARE HOTELS-、2019年9月13日開業

投稿日 : 2019.07.09

広島県

新規ホテル情報

リノベーションホテル「HATCHi 金沢」や「LYURO 東京清澄」などを展開するTHE SHARE HOTELSは、7号店となる「KIRO 広島 -THE SHARE HOTELS-」を広島市中区に2019年9月13日(金)開業予定。本日7月9日(火)より宿泊予約の受付を開始した。

瀬戸内ローカルへ旅人をいざなう“分岐路”に

出典:リビタ

「KIRO 広島」は、広島市の中心市街地にある築29年の複合ビルの一部をコンバージョンしたホテル。「瀬戸内ローカルへの分岐路」をコンセプトに、観光都市・広島市からさらにディープな瀬戸内ローカルへ歩を進めたくなるようなきっかけを提供する。

同ホテルが出店する八丁堀エリアは、広島パルコなどが立ち並ぶ広島市最大の繁華街で、人気観光地の平和記念公園や原爆ドームが徒歩圏内、交通のハブとなるバスセンターへも約1kmと、観光アクセスの良好な立地。

館内には、既存建物に残っていた屋内プールを改修したバーラウンジをはじめ、シェアキッチンやミーティングスペースなど、地域住民と観光客が交流できる、街に開かれたシェアスペースを用意する。

シェアスペースでは、地域プレーヤーによる食やアートにまつわるイベントなどを開催し、瀬戸内の魅力を発信していくという。

国内外から人気の観光地、広島。ここを拠点に、飛行機や新幹線に頼らないローカルエリアへ、旅路を分岐させていく。

既存建物に残っていた屋内プールを、プールの縁部分やタイル、大きな窓ガラスを大胆に残し、独特ながら明るく開放的な空間に改修。バーラウンジとして設えた。

バーラウンジでは、広島を拠点に全国で植栽のプロデュースを手掛ける「株式会社 叢(読み:くさむら)」がセレクトした個性的な植物を眺めながら、岡山を拠点にこだわりの食材を使い話題の飲食店を展開する株式会社キノシタショウテンがプロデュースする朝食や酒を楽しむことができる。また、家具や備品も、瀬戸内の魅力が詰まったものを取り揃え、新しい瀬戸内の魅力に出会うことのできる場を目指していくという。

出典:KIRO 広島 -THE SHARE HOTELS-

【同ホテル 概要
所在地:広島県広島市中区三川町3-21

アクセス:広島電鉄本線・白島線「八丁堀」停留場より徒歩6分
構造:鉄筋コンクリート造地上6階 地下1階建
建築年:1990年
延床面積:1,999.47㎡(ホテル関連対象面積)
客室数:49室
定員:165名

料金(代表的なルームタイプの標準価格):
LOFT 4:18,000円~
BUNK 6:18,000円~
STANDARD 4:18,000円~
LOFT 3:15,000円~
STANDARD TWIN:15,000円~
※価格は季節曜日により異なる

出典:KIRO 広島 -THE SHARE HOTELS-

広島県広島市中区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、広島市中区には宿泊施設が118、部屋数にして9,336室が提供されている。

新規開業予定は10施設、部屋数にして1,469室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

「TSUGU 京都三条-THE SHARE HOTELS-」2019年5月31日開業

THE SHARE HOTELS 2019年度は3店舗を開業

リノべホテル「ザ・シェア・ホテルズ」グッドデザイン賞

「ダイワロイネットホテル広島駅前」2019年4月13日開業

関連記事