ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 宮城県東松島市、防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA」で防災と健康ワークショップ

宮城県東松島市、防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA」で防災と健康ワークショップ

投稿日 : 2019.03.12

宮城県

ホテル関連ニュース

貴凛庁株式会社は、自社の旧野蒜小学校をリノベーションした宮城県東松島市の防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA」にて、「防災と健康ワークショップ」を3月17日(日)に開催する。

“いざというとき”に備えた健康な体をレクチャー

午前・午後の2部制で、年間3,000名の子どもたちを指導する体育教室講師や、都内リンパ専門店を主催する講師を迎え、祖父母・親・キッズの各3世代に向けたワークをそれぞれ用意している。

同ワークショップは、震災から8年、“いざというとき”に備えた健康な体づくりを学んでもらうを目的としている。イベントを通して、一人でも多くの宮城県民含む被災地域の人々が、「防災と健康」の大切さを知ってもらえるよう、KIBOTCHAより発信していく考え。

日時:2019年3月17日(日)午前の部10時~11時/午後の部13時~14時
場所:東松島市野蒜字亀岡80「KIBOTCHA(キボッチャ)」
※入館料として大人300円、小中学生200円、未就学児無料
参加方法:参加費無料・事前予約※当日飛び入り参加可
主催:KIBOTCHA
共催:東松島市、東松島市教育委員会、株式会社ジムプロ、日本リンパケア研究協会
後援:宮城県

【合わせて読みたい】

「三陸鉄道リアス線」3月23日誕生と沿線地域ホテル展開状況

東北風土マラソン&フェスティバル2019、3月23・24日開催

第2回相馬復興サイクリング 2019年5月26日(日)開催

福島イノベーション・コースト企業立地セミナーin東京

関連記事