ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京王プラザホテル「ホテルで楽しむ日本文化~能・雅を継ぐもの~」

京王プラザホテル「ホテルで楽しむ日本文化~能・雅を継ぐもの~」

投稿日 : 2019.09.06

東京都

ホテル関連ニュース

京王プラザホテル(東京:西新宿)は、9月27日(金)から11月27日(水)までホテルロビー等において『ホテルで楽しむ日本文化~能・雅を継ぐもの~』と題した特別展示を開催する。この特別展示は国立能楽堂の全面的協力で実施しているもので、今年で4回目となる。

国立能楽堂 × 京王プラザホテル 日本の古典文化を世界に発信

出典:京王プラザホテル

今回は平家興亡の運命を無常観によって説いた叙事詩的歴史文学である「平家物語」が主題。

『俊寛』『敦盛』などの演目に焦点をあて、舞台で使用する能面や装束、小道具に加え絵画資料や文献の展示など、国立能楽堂所蔵の貴重な品々を展示し紹介する。

さらに10月15日(火)と28日(月)には午後5時よりロビーにおいて国内外の顧客が無料で鑑賞できるロビーパフォーマンスを約20分間行う。

金春流能楽師 山井綱雄氏による能の一部を実演・解説し能の魅力に触れることができる。

「能楽」(能と狂言の総称)は室町時代より600年以上に亘り演じ継がれてきた歴史ある舞台演劇。

2008年にはユネスコ無形文化遺産に登録されその芸術性の高さは世界に認められるものとなった。

京王プラザホテルは100ヶ国以上から顧客を迎え外国人比率は約77%に上る。東京を代表する国際的シティホテルとして国内客はもちろん、世界中の人々に日本文化を発信する努力を重ねるなかでホテルという機能を生かして「能楽」の奥深さや魅力を伝えるため実施しているという。

【『第4回 ホテルで楽しむ日本文化~能・雅を継ぐもの~』概要】
期間:9月27日(金)~11月27日(水)場所:3階/アートロビー 入場無料
協力:国立能楽堂(独立行政法人 日本芸術文化振興会)

特別展示 『平家物語から読み解く男の悲哀』展(国立能楽堂所蔵)本館3階/アートロビーほか

出典:京王プラザホテル

また11月14日(木)には宴会場において、観世流能楽師 観世喜正氏(観世九皐会)による『俊寛』の実演と、レストラン3店舗から選べる特別ランチが楽しめる1日限りのイベントを開催。

日時:11月14日(木)(11:30a.m~受付)
12:00p.m.~謡の体験と解説、能楽鑑賞 1:30p.m.~食事
場所:5階/宴会場<コンコードボールルーム>
食事:和食<かがり>、中国料理<南園>、フレンチ&イタリアン<デュオ フルシェット>
※3店舗より選べる。
料金:18,000円(能楽鑑賞、お料理、ワンドリンク、サービス料・税金込)
出演:観世流能楽師 観世喜正氏(観世九皐会) ほか

出典:京王プラザホテル

【合わせて読みたい】

京王プラザホテル、チャリティ催事『ボランティア・プラザ』

京王プラザホテル、ホテル業界初「平成30年度『心のバリアフリー』好事例企業」選出

京王プラザホテル、フィットネスルームを改装

京王プラザホテル 4月11日・25日「いけばな体験」開催

京王プラザホテル、子の成長を祝う「端午の節句メニュー」

関連記事