ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京王プラザホテル 4月11日・25日「いけばな体験」開催

京王プラザホテル 4月11日・25日「いけばな体験」開催

投稿日 : 2019.03.27

東京都

インバウンド

京王プラザホテルは、南館9階の個室において訪日外国人客を対象にした「いけばな体験」を毎月2回開催。料金は1名3,000円で、午後4時30分から約45分、6名程度の少人数で実施し、草月流師範でもある著名華道家 前野博紀氏らによる解説とともに実際にいけばなを体験できる。

訪日外国人向け日本文化体験プログラム

ホテル宿泊客はもちろん、宿泊していない訪日客や日本人でも利用が可能。
華道家 前野博紀氏は京王プラザホテルのメインロビーを独自の感性による大型いけばな作品で装飾し話題を呼んでいる。

次回は3月30日(土)から4月15日(月)まで、3階/メインロビーにおいて「花で迎える、おもてなし ~春の夢~/桜編」と題し、桜で彩る大型いけばな作品を展示する。

桜には特別な想いを抱く華道家の前野博紀氏が、北関東や東北の山々から特別に桜の木々を取り寄せ、東海桜、しだれ桜、ソメイヨシノなど合計200本以上の桜の大型作品で横幅と奥行きがそれぞれ2.7メートル、高さ約5メートルの壮大なスケールで客を迎える。

「いけばな体験」
日時:4月11日(木)、4月25日(木)4:30p.m.~5:15p.m.
会場:南館9階/ファミリーパーラー
料金:1回/一人 3,000円(花材費、サービス料、税金込)
人数:6名程度
講師:華道家/草月流師範 前野博紀氏

【合わせて読みたい】

京王プラザホテル、子の成長を祝う「端午の節句メニュー」

京王プラザホテル3施設に「triplaチャットボット」

星のや東京 「江戸の女性の嗜みと美への意識を学ぶ」

関連記事