ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 鎌倉まつり4月14日から21日まで開催ー勇敢な流鏑馬、華麗な静の舞など

鎌倉まつり4月14日から21日まで開催ー勇敢な流鏑馬、華麗な静の舞など

投稿日 : 2019.04.11

神奈川県

ホテル関連ニュース

昭和34(1959)年から行われている鎌倉の春の恒例行事「鎌倉まつり」が4月14日から21日まで開催される。鶴岡八幡宮を中心に、市内一円でさまざまな行事がとり行われる。主には、鎌倉武士を偲ばせる勇敢な流鏑馬、華麗な静の舞など。

鎌倉の春の恒例行事、フジの花も見頃

出典:鎌倉市観光協会

第61回 鎌倉まつりは、2019年4月14日(日曜日)~21日(日曜日)の日程で開催される。

14日10時~行列巡行(若宮大路にて)、14時30分~静の舞(鶴岡八幡宮)、20日14時~伊豆の国市子ども創作能(鎌倉宮)、21日13時~武田流流鏑馬(鶴岡八幡宮)などが予定される。

鎌倉市観光協会主催。

出典:鎌倉市観光協会

また、鎌倉では4月中旬から後半にかけてフジの花が見頃となることから、鶴岡八幡宮や英勝寺、光触寺、瑞泉寺などで、週末多くの人々が賑わう見込み。

神奈川県鎌倉市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、鎌倉市には宿泊施設が76、部屋数にして974室が提供されている。

観光地として知られる鎌倉だが、都内からの観光客の多くが日帰り客のため意外なほど宿泊施設が少ない。

ただし、新規開業として相鉄フレッサインが鎌倉大船Ⅱを2019年10月に152室で開業を予定し、JR東日本がホテルメトロポリタン鎌倉の138室での開業を2020年4月に予定するなど新規開業も相次いで発表されている。

【合わせて読みたい】

相鉄フレッサイン、大船に2軒目、2019年秋

JR東日本が2020年春、鎌倉に新ホテル開業を発表

鎌倉で古民家「古今」が2019年1月開業ー民泊新法適用事例

湘南レーベル、鎌倉・茅ヶ崎に2019年夏、新規ホテル開業

鎌倉での古民家再生、民泊運営でカヤックとくらつぐが提携

関連記事