ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JTBとTrip.comが訪日旅行者拡大に向けウィンタースポーツで協業

JTBとTrip.comが訪日旅行者拡大に向けウィンタースポーツで協業

投稿日 : 2019.12.03

インバウンド

株式会社JTBとTrip.com Group Ltd.は、本日12月3日(火)、訪日旅行者拡大に向けたウィンタースポーツでの協業に関する合意書を締結し、訪日旅行者向けのウィンタースポーツ関連商品の開発、販売を共同で行うことを発表した。

中国市場を中心とした海外市場での販売・プロモーション

出典:JTB

協業の第一弾として、本格的なウィンタースポーツシーズンに合わせ、北海道や本州の各スキー場と連携した新しい商品・アクティビティを含む特別プランを開発・販売。

同特別プランは、Trip.comグループのWEBサイトおよびアプリ等で中国市場を中心とした海外市場での販売・プロモーションを行う。

これまでにも、JTBとTrip.comグループは、ホテルや旅館などの宿泊商品販売等に協働して取り組んできた。2020年1月頃には、新しい協働商品を開発し、Trip.comグループのブランドであるCtripおよびTrip.com内にて販売を開始する予定という。

中国政府は2025年までに、中国国内のスキー・スノーボード人口を5,000万人に、さらにウィンタースポーツ関係者を3億人にするという計画を打ち出している。

近年、中国のみならず、東南アジアでも日本のスキー場は高い人気となっており、ウインタースポーツを目的とした旅行者は増加傾向にある。中国や東南アジアでのウィンタースポーツ人気の高まりを背景に、日本の冬季のインバウンド市場は大きなチャンスを迎えており、冬季の訪日旅行者に対応したサービスや商品を提供することで、訪日旅行者マーケットの更なる拡大が期待されている。

合意書締結発表会で、Trip.comグループCMOの孫波(ソン・ハ)氏は、以下のように述べた。

「この度の合意書締結を受けて、当社では、中国を含む多くの旅行者に、日本の、より安全かつ良質なウィンタースポーツの商品を提供することにより、訪日観光客を増加できることを期待しています。中国をはじめ東南アジアなどでは、近年、急速にスキーをはじめとするウィンタースポーツブームが高まっています。日本は、良質なウィンタースポーツ施設や商品があること、距離も近いことから、このブームの受け皿として高い期待を集めています。この締結が日本でウィンタースポーツを楽しむ外国人を増やし、日本のインバウンド市場の一層の拡大に貢献できると確信しております。」

また、JTBの執行役員で訪日インバウンドビジネス推進部長の坪井泰博氏は以下のように述べた。

「中国でのウィンタースポーツ需要は高まっています。そのような中、本日ここでTrip.comグループとウィンタースポーツにおける協業に関し、合意書を締結できることを大変嬉しく思っております。」

【協業内容・検討内容】
1.2019-2020冬季シーズンにおける中国からの訪日旅行者向け商品の発売
2.北海道・本州の各スキー場と連携した商品開発
3.多様な特別プランの企画(一例)
・スキー場のゲレンデ貸し切りプラン
Trip.comグループの顧客だけでゲレンデを貸し切る。
・資格取得プラン
資格テストを講習付きで受験できるプラン。
・雪合戦施設貸し切りプラン
雪合戦体験コンテンツをセットで提供する。
4.旅マエ段階でのウィンタースポーツレンタル用品のWeb販売

資格取得プランや雪合戦施設貸し切りなどを打ち出す特徴的な内容となっている。

【合わせて読みたい】

Trip.comがTripAdvisorと戦略的提携、合弁会社設立

日本美食とトリップアドバイザーがインバウンド向け国内飲食店予約で業務提携

CtripがTrip.comへ社名変更

Ctrip CEO 孫潔氏「アジア・ゲーム・チェンジャー賞」

関連記事