ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR東日本 「JR 横浜タワー」「JR 横浜鶴屋町ビル」決定

JR東日本 「JR 横浜タワー」「JR 横浜鶴屋町ビル」決定

投稿日 : 2018.11.26

神奈川県

新規ホテル情報

JR東日本は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック前の開業を目指す「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」の建物名称が、駅前棟は「JR 横浜タワー」、鶴屋町棟は「JR 横浜鶴屋町ビル」に決定した旨発表した。

横浜駅に新たなランドマーク

JR横浜タワー内の商業ゾーンは、「NEWoMan 横浜(1F~10F)」、「CIAL 横浜(B3F~B1F)」、 「T・ジョイ 横浜(8F~10F)」が複合された施設となる。

また、JR横浜鶴屋町ビルは、駐車場施設「JR 横浜パーキング(4F~9F)」に加えて、商業施設 「CIAL 横浜 ANNEX(1F~3F)」、ホテル「JR 東日本ホテルメッツ 横浜(3F~9F)」、スポーツ施設 「ジェクサー・フィットネス&スパ横浜(2F~3F)」が複合された施設となる。

出典:JR東日本

横浜駅からの歩行者移動を円滑化

JR 横浜タワーは、新たに、隣接する 3 か所(①南北連絡通路(B2F)、 ②横浜モアーズ(B1F)、③JR 横浜駅中央北改札内(B1F、改札新設))と繋がることで、歩行者ネットワークのさらなる充実を図り、各鉄道路線、周辺施設、地下街、広場等への円滑な移動ルートを形成し、駅西口周辺の利便性向上を図る。

③JR 横浜駅中央北改札内(B1F)との接続については、JR 横浜タワーB1F(「CIAL 横浜」 フロア)に交通系 IC カード専用の改札を新設する。

出典:JR東日本

【合わせて読みたい】

JR東日本ホテルズ、台湾ハワードホテルズと営業提携

JR東日本とANAが連携、陸と空のシームレス化推進

JR東日本ホテルズ、ファイテン協力リラックスルーム
JR東日本が2020年春、鎌倉に新ホテル開業を発表
JR東日本が川崎駅西口に2020年春、新ホテル開業
DeNAがJR東日本・北海道とレンタカー無人貸出サービスーAI活用の需要予測システムのタクシー配車も

関連記事