ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR東日本、台湾にインバウンド拠点「JAPAN RAIL CAFE」

JR東日本、台湾にインバウンド拠点「JAPAN RAIL CAFE」

投稿日 : 2018.12.23

海外

インバウンド

JR東日本は、台湾捷爾東事業開発股份有限公司と連携し、2019年1月10日、台北市信義地区に「JAPAN RAIL CAFE(JRC)」を開業。JRCはシンガポールの1号店に続き2号店となり、Breeze 南山「atre」内のショップとしての出店となる。

訪日旅行カウンターを併設した、日本の情報を発信するカフェ

JRCは日本に関する情報発信と日本に関心の高い現地の方々の交流の場となることを目指し、創造旅行社股份有限公司(本社:台湾台北市)と提携し、同店舗内に訪日旅行カウンターを設置し、訪日旅行に関するサービスをワンストップで提供する。

テーマ性のある日本に関連する情報の発信や日本の食文化の発信などを行う。

開業日時:2019 年 1 月 10 日(木)11:00(台湾現地時間、日本時間 12:00)

所在地:台北市信義区松智路 17 號 Breeze 南山「atre」内

アクセス:台北捷運(MRT)板南線市政府駅 淡水信義線台北 101/世貿駅

運営主体:台湾捷爾東事業開発股份有限公司

店舗面積:105.5 ㎡ (約 40 席)

営業時間:11:00~21:30(木・金・土及び祝祭日の前日は 22:00 閉店)

定休日:Breeze 南山「atre」に準じる

【合わせて読みたい】

JR東日本、シンガポール現地法人設立

JR東日本ホテルズ、台湾ハワードホテルズと営業提携

関連記事