ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR東日本、シンガポール現地法人設立

JR東日本、シンガポール現地法人設立

投稿日 : 2018.12.02

海外

インバウンド

JR東日本は、東南アジア地域において、より機動的に生活サービス事業を展開していくため、このほど、シンガポールに現地法人を設立した。

JR東日本は、2017年11月に「生活サービス事業成長ビジョン(NEXT10)」を発表し、これまでのビジネスに磨きをかけるとともに、「「CITY UP!」駅から、街から、未来を作ろう。」をスローガンに、事業の変革及び創造を目指している。

このたび、東南アジア地域において、より機動的に生活サービス事業を展開していくため、2018年11月27日に、シンガポールに現地法人を設立した。

新会社設立の目的は、東南アジア地域における、現地マーケットに根差した事業展開とグループ内外の企業との共同出資等を通じた、機動的な事業推進を掲げている。

【新会社 概要】

名称:JR East Business Development SEA Pte. Ltd. 呼称:JR東日本東南アジア事業開発

所在地:5 Shenton way, UIC Building, #10-01, Singapore

代表者:大見山 俊雄(おおみやま としお)

株主:JR東日本100%出資

設立日:2018年11月27日

資本金:11,110,000SGD(約10億円)※1SGD=90円換算

事業内容:駅ナカ・駅周辺での商業運営事業、ジャパンコンテンツの東南アジア進出支援事業、マーケティングリサーチ等

JR東日本は、シンガポールにインバウンドの拠点「JAPAN RAIL CAFE」をオープンさせるなど、東南アジアにおけるインバウンド誘客の拠点としてシンガポールを位置付けている。

【合わせて読みたい】

チャットボットサービス「tripla」JR東日本実証実験に参画

TIS、東京駅の案内業務にAIを活用する実証実験に協力

関連記事