ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JNTO、訪日客数2019年3月、前年同月比5.8%増276万人

JNTO、訪日客数2019年3月、前年同月比5.8%増276万人

投稿日 : 2019.04.18

指定なし

インバウンド

JNTOによると、2019年3月の訪日外客数は、前年同月比5.8%増の276万人。2018年3月の260万8千人を約15万人上回り、3月として過去最高を記録した。

中国や台湾などで3月過去最高も、韓国や香港は減少

昨年は3月末であったイースター休暇が今年は4月となった影響を受けた市場が一部あったものの、航空座席供給量の増加に加え、桜鑑賞等を目的に訪日需要が高まる春に向けて各市場で展開した訪日旅行プロモーションの効果もあり、訪日者数全体としては堅調に推移した。

市場別では、単月として、インド(対前年同月比28.7%増)、米国(同17.0%増加)、カナダ(同8.9%増加)、英国(同6.0%増加)、ドイツ(同15.2%増)で過去最高を記録。

10市場(中国(同16.2%増加)、台湾(同3.9%増加)、タイ(同26.8%増加)、シンガポール(同14.7%増加)、マレーシア(同6.2%増加)、インドネシア(同22.1%増加)、ベトナム(同35.9%増加)、フランス(同16.1%増加)、イタリア(同13.3%増加)、ロシア(同31.2%増加))で3月として過去最高を記録した。

他方で、韓国は2018年3月の62万人から59万人へと5.4%減少した。航空座席供給量は増加したものの、韓国経済が低迷していること、日韓関係の悪化とともに、韓中関係の改善による中国への渡航需要の回復やベトナムが人気になるなど海外渡航先が多様化していること等の影響を受けた模様。

また、香港(同12.4%減少)、フィリピン(同13.9%減少)、スペイン(同22.8%減少)で減少となるなど、国・地域による差異も見られた。

【合わせて読みたい】

訪日外客数2019年2月推計値、前年同月比3.8%増260万人

訪日客数2019年1月推計値、前年同月比7.5%増268万9千人

訪日客数、前年比8.7%増の3,119万2千人、JNTO発表

訪日外国人旅行者数、初の3,000万人突破

訪日外客数、10月一転増加へ、前年同月比1.8%増264万1千人

2018年国内旅行消費額、前年比2.8%減の20兆5,160億円


関連記事