ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 日露「観光分野、2020-23年の共同活動プログラム」

日露「観光分野、2020-23年の共同活動プログラム」

投稿日 : 2019.07.03

大阪府

インバウンド

このほど、日露観光当局は、「観光分野における2020年から2023年までの期間の日本国観光庁とロシア連邦観光庁との間の共同活動プログラム」に署名し、日露首脳会談後に両首脳立ち会いの下で行われた署名文書交換式において、署名文書の交換を行った。

署名文書交換式は、6月29日(土)、ホテルニューオータニ大阪(大阪市中央区城見1-4-1)にて、日本側 田端観光庁長官、ロシア側 オレシュキン経済発展大臣(署名者は、ドグゾヴァ観光庁長官)出席のもとに行われた。

「2023年までの共同活動プログラム」の主な内容は、「目標として、2023年にはお互いの訪問者数を、それぞれ少なくとも20万人、合計40万人とすること」、「日露の地方間の観光ルートの創設に関する作業を行うこと」、「観光プロモーション、観光行事の日程、統計データ等の情報を交換すること」。

近年ロシアから日本を訪れる観光客が増加しており、欧米諸国の中でも伸び率が高くなっている。

【合わせて読みたい】

2017年訪日客伸び率トップ―訪日ロシア人激増の背景、特徴、展望とは

JNTO、訪日外客数5月推計値、前年同月比3.7%増 277万人

訪日外客数2019年4月推計値、前年同月比0.9%増・292万7千人

訪日客数、前年比8.7%増の3,119万2千人、JNTO発表

関連記事