ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 訪日外客数2019年4月推計値、前年同月比0.9%増・292万7千人

訪日外客数2019年4月推計値、前年同月比0.9%増・292万7千人

投稿日 : 2019.05.22

指定なし

インバウンド

JNTOの発表によると、2019年4月の訪日外客数は、前年同月比0.9%増の292万7千人。2018年4月の290万1千人を約3万人上回り、単月として過去最高を記録した。また、4月までの累計は1,098万1千人となり、1,000万人を超えた。

欧米豪増加も、韓・台で減少、訪日外客数全体の伸びは鈍化

昨年は3月末であったイースター休暇が今年は4月となり、欧米豪市場を中心に影響を受け大きく増加したことなどにより、訪日者数は前年同月を上回った。

市場別では、タイ(前年同月比10.9%増の164,800人)、フィリピン(同8.5%増の69,300人)、ベトナム(同9.9%増の55,300人)、インド(同3.9%増の18,400人)、カナダ(同13.6%増の38,900人)、英国(同23.0%増の44,500人)、フランス(同4.4%増の46,000人)、イタリア(同35.7%増の24,100人)、ロシア(同11.5%増の13,800人)で単月として過去最高を記録したほか、中国(同6.3%増の726,100人)、豪州(同22.8%増の70,500人)、米国(同15.8%増の170,200人)、ドイツ(同25.7%増の27,800人)、スペイン(同51.0%増の13,900人)で4月として過去最高を記録した。

他方で、韓国は、前年同月比11.3%減の566,600人。台湾は、同14.2%減の403,500人となった。

日本のゴールデンウィークが10連休となり訪日旅行商品の高騰、日本国内観光地の混雑等を理由として訪日旅行者数が多い東アジア市場を中心に訪日需要が抑えられたことから、訪日外客数全体の伸びは鈍化した。

【合わせて読みたい】

JNTO、訪日客数2019年3月、前年同月比5.8%増276万人

訪日外客数2019年2月推計値、前年同月比3.8%増260万人

訪日客数2019年1月推計値、前年同月比7.5%増268万9千人

訪日客数、前年比8.7%増の3,119万2千人、JNTO発表

関連記事