ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテルウィングセレクト博多駅前に新棟「NorthWing」2020年3月10日開業

ホテルウィングセレクト博多駅前に新棟「NorthWing」2020年3月10日開業

投稿日 : 2019.10.25

福岡県

新規ホテル情報

株式会社フォーブスは、「ホテルウィングインターナショナルセレクト博多駅前」隣地に建築中の新棟「NorthWing」をオープン。これを記念して、「NorthWing」に宿泊を確約する特別プランを2019年10月25日(金)より販売する。新棟の開業は2020年3月10日(火)を予定する。

客室フロアはすべて異なるデザインの“旅するホテル”

出典:フォーブス

ウィングインターナショナルセレクト博多駅前は、2016年5月16日に誕生した。

『Heart Dance~旅するホテル』をコンセプトに、9つの客室フロアは、すべて異なる世界都市をイメージしたデザインになっている。

博多・NY・パリ・ロンドン・イスタンブールなど、ホテルに滞在するだけで世界を旅するワクワク感を味わってもらえるようイメージカラーや細部のデザインにまでこだわっており、国内外の顧客から高い評価を得ている。

福岡市では、外国人客急増の影響や大型イベントの開催など週末を中心に予約が取りにくい日もあり、出張や観光、受験などに支障が出ている。今度もアジアの成長や福岡空港の滑走路増設が見込まれるため、国内外からの観光客が増えることが予想されている。それに伴い、同ホテルは110室から213室へと103室を増室し宿泊ニーズに応える。

“旅するホテル”というコンセプトにちなみ、「NorthWing」のフロント・ロビーは空港の国際線ターミナルをイメージしてデザイン。

新たに増える2フロアに関しても女性が一度は訪れてみたい都市が選ばれており、11階は「ヘルシンキ」をイメージ。北米フィンランドの首都であり、美しいバルト海に囲まれ、洗練されたデザインが特徴的な街。

出典:フォーブス

また、12階のデザインに採用された都市は「ホーチミン」。ベトナム東西の文化が融合したエキゾチックな雰囲気がある。なお、2階から10階は既存棟の各フロアと同じデザインコンセプトが採用されている。

出典:フォーブス

【新棟「NorthWing」概要】

名称:ホテルウィングインターナショナルセレクト博多駅前「NorthWing」

所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目22-19

敷地面積/建築面積/延床面積:483.00㎡/285.54㎡/2,458.52㎡

構造規模/客室数:RC造 地上12階建/103室

開業予定日:2020年3月10日(火)

出典:フォーブス

福岡県福岡市博多区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、福岡市博多区には宿泊施設が304、部屋数にして23,576室が提供されている。

新規開業予定施設は14施設、部屋数にして2,121室が新たに供給される見込み。

新規開業予定マップは以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

「ホテルウィングインターナショナル新橋御成門」2019年10月1日開業

ホテルウィングが札幌すすきのに2020年1月16日開業

「ホテルウィングインターナショナル神戸新長田駅前」6月1日リブランド開業

「ホテルウィングインターナショナルセレクト池袋」2019年10月4日開業

令和元年「ホテルウィングインターナショナル東京赤羽」5月1日開業

福岡県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事