ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 星のや富士「冬の森グランピングリトリート」

星のや富士「冬の森グランピングリトリート」

投稿日 : 2018.10.26

山梨県

ホテル関連ニュース

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2018年12月1日〜2019年3月15日まで、「冬の森グランピングリトリート」プログラムを開催。冬の森は一見寂しい印象だが、実は適度な湿気を蓄えた、女性がリラックスするには最適な環境、身体を癒すコンテンツが多数提供される。

出典:星野リゾート

癒しと美しさへ導く、アクティブレスト

「冬の森」と聞くと、一般的には暗く寂しい印象を持たれるが、針葉樹の森は冬でも葉が残り、心落ち着く空間が広がっている。そこで、日々の忙しい生活に疲れ気味の女性たちが、都会の喧騒から逃れ(=リトリートし)、美しい冬の森で心からリラックスすることを目指して、同プログラムを開発した。

星のや富士がグランピングリゾートであることを活かし、自然の中で身体を動かすことで、心もリフレッシュすることを目指す、アクティブレストの考え方を取り入れている。森の中は、平地では乾燥しがちな冬でも一定の湿度が保たれ、紫外線も弱くなるなど、女性が美しさを養うのに適した環境が揃っている。自然に囲まれる機会が少なくなりがちな冬だからこそ、意識的に森の中で過ごすことをおすすめする。

出典:星野リゾート

メインとなるアクティビティは、富士山麓の森を舞台に行うトレッキング。展望台に着いたら、ヘルシーな鹿肉スープと雑穀パンのブランチを食べて休憩し、元の道を下山。雪が残る場合は、状況によりスノーシューを使用して、トレッキングを楽しむ。

出典:星野リゾート

星のや富士に戻ると、夕方はスタッフによるレクチャーのもと、部屋で、蜜蝋を使ったハンドクリームを作る。就寝前には、白ワインとハーブを使ったデザートや、針葉樹と柑橘を組み合わせた天然のディフューザーを楽しむ。森の中にいるような香りが、深いリラックスへ導く。

出典:星野リゾート

【冬の森グランピングリトリート 概要】
■期間:2018年12月1日~2019年3月15日 *除外日あり
■料金:28,000円/1名(税・サービス料10%別、宿泊代別)
■定員:1日1組 *1組は2名まで(最少催行人数:1名)
■対象:満13歳以上の宿泊者
■予約:1週間前までにホームページより要予約
■持ち物/服装:動きやすく暖かい服装(トレッキングシューズの無料レンタルあり)
■含まれるもの:トレッキング・蜜蝋クリームづくりのワークショップ・白ワインとハーブを使ったデザート・針葉樹のディフューザー

【星のや富士 概要】
2015年10月30日に開業した日本初のグランピングリゾート。河口湖を望む広大な森に、自然と触れ合うクラウドテラスや年中快適に過ごせるキャビン。グランピングマスターが提案するアウトドア体験やシェフが演出するワイルドな食事と共に大自然を楽しみつくす「丘陵のグランピング」。
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408

客室数:40室

山梨県富士河口湖町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、富士河口湖町には宿泊施設が329展開しており、部屋数にして5,583が提供されている。

新規開業予定は確認できなかった。

同地は富士山麓に位置しているためロッジやペンション、貸し別荘などの簡易宿所が多く展開しているのが特徴で、同町内にはキャンプ場も5軒と数多く展開している。

同町の客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

40室と小規模な同ホテルだが、リゾートホテルとしての人気は高く、各種OTAへの口コミ投稿を基にしたメトロエンジンリサーチによるレビュー分析によると、総合的な評価は高く、特に景観や客室、清潔感、雰囲気に対する評価が高くなっている。

冬季のイメージの少ないグランピングだが、女性をターゲットにした冬季での集客に工夫を凝らした取り組みを実施している。

【合わせて読みたい】

星野リゾート「奥入瀬渓流ホテル」シードルヌーヴォーセット

星野リゾート「OMO5東京大塚」グッドデザイン・ベスト100

「星のやグーグァン」2019年初夏、台中に開業

「星野リゾート BEB 軽井沢」若者向け、2019年2月5日開業

隈研吾デザインのグランピング施設が11月1日熱海に開業

関連記事