ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「星野リゾート リゾナーレ那須」2019年11月1日開業

「星野リゾート リゾナーレ那須」2019年11月1日開業

投稿日 : 2019.06.24

栃木県

新規ホテル情報

星野リゾートは、栃木県那須町に日本初のアグリツーリズモリゾートとして展開する「星野リゾート リゾナーレ那須」(43室)を2019年11月1日に開業する。また、7月1日から予約受付を開始する。

新たな旅のスタイル「アグリツーリズモリゾート」

出典:星野リゾート

リゾナーレ那須は、那須岳の山裾、標高約500mに位置し、約4万2千坪の敷地にある。広大な土地に、わずか43室の客室が点在。天然生林に広がる客室は、自然を身近に感じることができ、本館・別館(別館内2エリア)の3つのエリアで異なる景色・過ごし方を楽しむことができるのが特徴。

客室のデザインは、「クライン ダイサム アーキテクツ(KDa)」が担当。那須の大自然をテーマにデザインした客室は、夫婦やカップル、グループ、家族など、さまざまな顧客が利用できる。

リゾナーレ那須は、地域の生産活動に触れる体験を軸に、リゾートホテルでの食事やさまざまなアクティビティなど、「那須の魅力×リゾート滞在」を新たな旅のスタイルとして発信。

敷地内で運営する農園「アグリガーデン」や、アクティビティ施設「POKO POKO」を拠点とし、季節ごとに変わる那須の情景とともに自然を遊びつくすことができる「アグリツーリズモ・リゾート」。

アグリツーリズモとはイタリア語でアグリクルトゥーラとツーリズモの造語で、都会の喧騒から離れその土地の農体験や自然体験、文化交流を楽しむ観光の形。ヨーロッパ発祥と言われ、イタリアを中心とする世界各国で楽しまれている。

出典:星野リゾート

【同施設 概要】
所在地:栃木県那須郡那須町高久乙道下2301
施設構成:客室、メインダイニング、ビュッフェレストラン、アグリガーデン、POKO POKO、大浴場、スパ
客室数:43室(部屋タイプ:14)
料金:1泊朝食付 21,000円~(2名1室利用時1名あたり、税別)
アクセス:電車 JR東北新幹線「那須塩原駅」より送迎バス40分、車 東北自動車道黒磯板室I.C.より30分

メトロエンジンリサーチによると、那須町には宿泊施設が333、部屋数にして4,775室が提供されている。

リゾナーレ那須は、リゾナーレブランドとして、八ヶ岳・トマム・熱海に続く4つ目の施設。

出典:星野リゾート

【合わせて読みたい】

星野リゾート「OMO 下関(仮)」2023年春開業

日本政策投資銀行、星野リゾートとの共同運営ファンドを通じ「OMO7 大阪新今宮」開発へ投資

「星野リゾート OMO7大阪新今宮」2022年4月開業

「星のやグーグァン」2019年6月30日開業

大和ハウス工業、Royal Hotel 那須に清掃ロボット導入実験

関連記事