ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 星野リゾート「ホテル旅館ファンド(仮称)」組成

星野リゾート「ホテル旅館ファンド(仮称)」組成

投稿日 : 2020.06.02

指定なし

ホテル関連ニュース

星野リゾートと株式会社リサ・パートナーズは、日本国内の宿泊施設を対象とした「ホテル旅館ファンド(仮称)」を組成することを計画し、その運営会社として、株式会社H&Rアセットソリューションズを共同で設立した。

世界で蔓延する新型コロナウイルスは日本の観光・宿泊産業に甚大な損失をもたらしており、その影響は依然として続いている。インバウンドを含むホテル・旅館の宿泊需要が回復するには年単位の期間を要するものと思われる。

同ファンドは、宿泊施設の取得・保有を通じて、新型コロナウイルスによる需要喪失に直面するホテル・旅館の事業者に対し、事業承継、事業譲渡支援、またはオフバランスによる資金調達の手段を提供。星野リゾートは、必要に応じて宿泊施設の運営又は経営改善支援を担うという。

星野リゾートおよびリサは、同ファンドの効果的な活用を通じて、日本国内の優良なホテル・旅館の事業継続をサポートし、新型コロナウイルス収束後の観光・宿泊産業の早期回復に貢献することを目指すとのこと。

同ファンドは総額100億円規模を予定しており、2020年夏頃のファンド組成に向け、今後国内機関投資家等に対し出資を呼び掛ける予定。

【合わせて読みたい】

星野リゾート、大浴場の混雑度をスマホで「3密の見える化」

星野リゾートが考える3密回避の旅、最高水準コロナ対策宣言

星野リゾート、運営施設における感染予防策

関連記事