ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 関西初進出「変なホテル大阪 心斎橋」2月1日開業

関西初進出「変なホテル大阪 心斎橋」2月1日開業

投稿日 : 2019.01.30

大阪府

新規ホテル情報

H.I.S.ホテルホールディングスは、2月1日(金)、大阪の中心地である心斎橋に、関西地区初の「変なホテル大阪 心斎橋」を開業。これにより「変なホテル」は全国で11拠点となる。

出典:HIS

多言語可能なロボホンズが国内外の顧客をお出迎え

「変なホテル大阪 心斎橋」は、心斎橋駅より徒歩約3分という好立地に位置した、レジャー、ビジネス問わず全ての旅行者に適した施設となっている。

フロントは恐竜型ロボットと大自然を融合したプロジェクションマッピングで、『遊び心』を取り入れ大自然を表した造作物にプロジェクションマッピングをおこない、恐竜型ロボットと融合する事でエンターテインメント性の高い演出により、楽しい宿泊体験を提供する。

また、『快眠』をコンセプトにフランスベッド社と共同開発したマットレスを採用し、自然な寝姿勢で眠ることができ、目覚めの良い朝を迎えることができまる。さらに、枕はリーディングカンパニーとして快眠を追求しているロフテー社を導入。

さらに、1,600万色を超える照明の色彩表現ができる「Phillips Hue」により、自由自在に好みに合わせて明かりを楽しめる。

客室内の照明、テレビ、エアコン、レストランの混雑状況を機器と連結させ、「繋がる」を目的に一括で操作することができるIoT連携タブレット「tabii」を全客室に完備。

また、今回シャープ社によって開発されたロボホンが19体でお出迎え。多言語にて挨拶や季節、時間合わせ様々なダンスを繰り広げる。

【変なホテル大阪 心斎橋 概要】

開業日:2019年2月1日

所在地:大阪府大阪市中央区南船場3丁目5−2

アクセス:大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅より徒歩約3分
駐車場:あり(有料)

客室数:全90室

大阪府大阪市中央区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市中央区には宿泊施設が303、部屋数にして30,368が提供されている。

新規開業予定は45施設、部屋数にして8,986が新たに提供される見込み。

このたび開業する同ホテルの半径1キロ圏内には、宿泊施設が172、部屋数にして16,364室が提供されており、日本有数の激戦地での出店となる。

【合わせて読みたい】

ハウステンボス「変なエネ」の電力販売を開始

「変なホテル福岡 博多」2019年1月17日開業

変なホテル「サウスアーム」12月21日(金)開業

「変なホテル東京 浜松町」オリジナルVR映像サービス開始


関連記事