ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ハウステンボス「変なエネ」の電力販売を開始

ハウステンボス「変なエネ」の電力販売を開始

投稿日 : 2019.01.28

長崎県

ホテル関連ニュース

ハウステンボスは、エネルギー・イノベーション・ベンチャーのみんな電力と提携し、2019年2月1日から、太陽光や風力などで発電した再生可能エネルギー電気の普及を目指す新ブランド「変なエネ」の電力販売を開始する。

テーマパークで発電した電力を供給

みんな電力では、「生産者の顔が見える」電力小売りサービスをコンセプトに、全国各地の再エネ発電所から調達した電気を、独自の電力取引プラットフォーム上で販売。

同社の電力供給量に占めるFIT(再生エネルギーの固定価格買取制度)比率は業界トップレベルであり、国内における“RE100”加盟企業などの再生エネルギーニーズ拡大を捉え、再生エネルギー電気(FIT含む)の販売を積極的に推進するなど、その業容は拡大。

自然との共存をテーマとするハウステンボスは、みんな電力と取次契約を締結し、「変なエネ」を契約した顧客に対し、みんな電力が電力供給を行っていく。

「変なエネ」では、実際にハウステンボスの太陽光発電所で発電した電力も使用しており、今回の事業開始を契機に、今後も太陽光など再生可能エネルギーに関連する技術開発を自社で行い「変わり続けるエネルギーサービス」を提供していく考え。

【新プラン「変なエネ」概要】
販売開始:2019年2月1日(金)
受付エリア:東京・中部・関西・九州電力管内
受付対象者:従量電灯B,Cを契約の家庭(関西は従量電灯A,B)
電源構成:FIT電気75%(2018年度計画値)

【合わせて読みたい】

「変なホテル福岡 博多」2019年1月17日開業

変なホテル「サウスアーム」12月21日(金)開業

「変なホテル東京 浜松町」オリジナルVR映像サービス開始

「AI和合クリニック」変なホテル東京羽田に併設開業

「変なホテル東京 羽田」10月3日(水)開業


関連記事