ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 阪急阪神、ジャカルタ商業・オフィス・ホテル複合施設参画

阪急阪神、ジャカルタ商業・オフィス・ホテル複合施設参画

投稿日 : 2019.07.04

海外

ホテル関連ニュース

阪急阪神不動産は、インドネシアにおいて、同国を代表する商業・オフィス・ホテルの複合施設「プラザインドネシアコンプレックス」及びJKT48劇場や映画館等が入居する商業施設「fX スディルマン」を保有・運営する現地事業体に出資、海外での複合施設等の運営・管理に本格参入する。

グランドハイアットホテル(427室)、JKT48劇場が入居

出典:阪急阪神グループ

同施設は東南アジア有数の世界都市ジャカルタ市内の中心地区 CBDにあるメイン通りに面するとともに、4月に開業したばかりのインドネシア初の地下鉄「ジャカルタ都市高速鉄道(MRT南北線)」の駅前という好立地に位置しており、本施設の運営・管理は、インドネシアにおける不動産開発最大手の Sinarmas Land(シナルマス・ランド)社傘下の Bumi Serpong Damai(BSD、ブミ・スルポン・ダマイ)社等と共同で行う。

なお、BSD社はこれまで、ジャカルタ郊外で大規模なニュータウン「ブミ・スルポン・ダマイシティ」の開発を手掛けるほか、商業施設・オフィス等の不動産事業を展開している。

阪急阪神不動産では、海外において 2015年から本格的に住宅分譲事業を推し進めており、これまで東南アジア5か国で26,000戸を超える事業に取り組んでいる。

今後は、住宅分譲事業と同様、今回の案件を契機に阪急阪神ホールディングスグループがこれまで培ってきた不動産事業に関するノウハウを活かして、海外での開発・賃貸事業を本格的に展開していくという。

プラザインドネシアコンプレックスは、次の施設により構成されている。

1)プラザインドネシア ショッピングセンター(エルメスやルイヴィトン、シャネルなどの高級ブランドを中心とした約400のテナントで構成される高級ショッピングモール)

2)グランドハイアットホテル(427室の5つ星ホテル)

3)ザ プラザオフィス(伊藤忠商事、デロイト、IBMなどのグローバル企業が入居する49階建てのプレミアムグレードオフィス)

fX スディルマンは、中間層・若年層を対象とした商業施設であり、飲食やサービス、ファッションのほか、大学やJKT48劇場、映画館など、多彩なテナント(約140のテナント)が入居している。

出典:阪急阪神グループ

【合わせて読みたい】

宝塚ホテル、劇場の西隣りへ移転新築、2020年5月14日開業

「ホテル阪急レスパイア大阪」2019年11月27日開業

宿泊予約売買サービス「Cansell」、東南アジアエリアへ拡大

アジア太平洋地域のホテル開発ートップ3はインドネシア、日本、インド

関連記事