ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「浜名湖レークサイドプラザ」新温泉施設と宴会場兼バイキング会場開業

「浜名湖レークサイドプラザ」新温泉施設と宴会場兼バイキング会場開業

投稿日 : 2019.05.24

静岡県

ホテル関連ニュース

株式会社マグナ.リゾート(静岡県浜松市)が 運営するホテル 「浜名湖レークサイドプラザ」は、風光明媚な奥浜名湖湖畔にある敷地内に鉄骨造地上2階建て延床面積2,087.40平米の新たな天然温泉施設と宴会場を建設。完成は2019年7月10日頃を予定している。

多彩な湯あみと東海エリア初、温泉内に登場 プロジェクションマッピングの湯

出典:マグナ.リゾート

1階の温泉施設は、まるで空と奥浜名湖(猪鼻湖)とが一体化したようなロケーション。外風呂には温泉大浴槽の他、マッサ―ジ効果を期待できるジャグジー回遊風呂や寝湯を予定。その他内風呂には夜になるとプロジェクションマッピングを観賞できる大浴槽のほか、電気風呂、ドライサウナやアカスリ部屋などを予定。

内風呂から屋外を眺める一面のガラス窓は、夜になると湯船から眺められる最新の観賞スペースに様変わり。大画面のプロジェクションマッピングを施し、映像と音を融合させた非日常を体感できる。

感動シーンを繰り広げる宴会場兼バイキング会場

出典:マグナ.リゾート

2階の宴会場兼バイキング会場は、全面使用で240席を用意できる広々としたスペースとなる。東側一面に湖を一望することができる開放的な空間でライブキッチンバイキングを楽しんだり、大型200インチスクリーンを4面連結できる映像演出や、照明演出によって様々なニーズに合わせた宴会シーンを作ることが可能となる。

株式会社マグナ.リゾートは「浜名湖レークサイドプラザ」、「会員制ホテル KIARA リゾート&スパ浜名湖」を拠点にリゾートホテル及び会員制リゾートクラブを運営。

美しい自然の中に 位置する「浜名湖レークサイドプラザ」は、食を通じて四季折々の豊かな恵みを多様なスタイルで愉しむことができ、天然温泉や波動プール(夏季)、ドッグラン、カヌー、テニスコートなど顧客のニーズに応える充実した施設・サービスを構えている。

最大の魅力でもある奥浜名湖(猪鼻湖)の景色を一望できる客室をはじめとした館内は日常を忘れ、穏やかな寛ぎのひとときを過ごすことができる。

出典:マグナ.リゾート

【同ホテル 概要】

所在地:静岡県浜松市北区三ヶ日町下尾奈200

アクセス:奥浜名湖駅から徒歩5分

客室数:192

【合わせて読みたい】

浜松でドーミーインが進化型カプセルホテルを6月12日(火)開業

アパホテル静岡市内へ初進出、アパホテル〈静岡駅北〉開業

手荷物預かりサービスの「Tebura Ninja」が浜松で実証実験

外務省、駐日各国外交団の静岡県視察ツアー

関連記事