ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > アパホテル静岡市内へ初進出、アパホテル〈静岡駅北〉開業

アパホテル静岡市内へ初進出、アパホテル〈静岡駅北〉開業

投稿日 : 2019.03.11

静岡県

新規ホテル情報

アパホテルは、本年1月11日(金)に取得したホテルエックシズオカにおいて6室の増室を含む全館リニューアルが完了し、アパホテル〈静岡駅北〉(全室禁煙 88室)として本日2019年3月11日開業を迎え、披露式典を執り行った。

「静岡駅」徒歩5分、リニューアル・6室増室の全88室

出典:アパホテル

開業記者発表では、アパグループ株式会社 代表取締役社長 元谷 一志氏が以下のように述べた。

「本日開業するアパホテル〈静岡駅北〉は、静岡市内においてアパホテルの初進出となる。従前のホテルをリニューアル・6室増室して全88室となった。静岡は首都圏と中京圏の中間という交通アクセスの至便な場所に位置しており、多くのお客様の利用が見込まれる。このエリアはまだ開拓途上であるため、皆様より広く情報を集めて事業展開につなげていきたい。2020年3月末日までに客室10万室の運営を目指し、これからも歩みを止めずにお客様の期待に応えられるホテルをつくっていく。

また本日は東日本大震災発生から8年が経過した日となるが、アパホテルは防災意識の高いホテルとして運営するよう努めていきたい。」

全客室には、50型以上大型液晶テレビや快眠を追求したオリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」、BBCワールドニュース無料放映、Wi-Fi無料接続(全客室およびロビー)、明るさにこだわったシーリングライト、館内案内をテレビ画面上にデジタル表示した「アパテレビインフォメーション」を導入したほか、ベッドの枕元に照明スイッチ類を集約し、携帯・スマホの充電に便利なUSBポート・コンセントを設置し、機能性・利便性を向上させた。

フロント・ロビー、エントランスも一新し、ホテル館内外の照明にLEDを全面的に採用するなど、高品質・高機能・環境対応型をコンセプトとする「新都市型ホテル」へと改装を行った。

アパホテル〈静岡駅北〉は、JR東海道新幹線・東海道本線「静岡駅」徒歩5分、静岡鉄道「新静岡駅」徒歩8分とビジネス・レジャーの拠点として至便な立地であり、アパホテルの強みであるネット予約を強化し、集客を図る。開業記念価格として、シングルルーム4,800円(税サ込)~、ツインルーム 7,800円(税サ込)~で宿泊できる。

出典:アパホテル

アパホテル〈静岡駅北〉は静岡市内アパホテル初進出のホテルとなる。静岡県内では、アパホテル〈浜松駅南〉(177室・浜松市)、アパホテル〈富士中央〉(163室・富士市)を含め3棟428室(直営・FC)を展開している。

静岡県静岡市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、静岡県静岡市には宿泊施設が164、部屋数にして7,004室が提供されている。

また、静岡市葵区には宿泊施設が83、部屋数にして3,005室が提供されている。

同区には新規開業予定が4施設、635室となっており、「東横イン静岡駅北口」(仮称)が2019年12月に、「くれたけインプレミアム静岡アネックス」が2019年9月に新規開業を予定するなどしており、ビジネスホテルの開業が相次ぐ見込みだ。

【合わせて読みたい】

アパホテル〈静岡駅北〉2019年3月11日開業

外務省、駐日各国外交団の静岡県視察ツアー

東横INN静岡駅南口、本日11月29日開業

アパグループ「博多」駅前エリアで新ホテル2棟の開発決定

関連記事