ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「浜松町一丁目ホテル(仮称)」2020年春開業予定

「浜松町一丁目ホテル(仮称)」2020年春開業予定

投稿日 : 2019.08.30

東京都

新規ホテル情報

株式会社コプラスが設計監理を行っているビジネスやインバウンドをターゲットとした「(仮称)浜松町一丁目ホテル計画」(東京都港区浜松町、事業主体:大成有楽不動産株式会社、運営:株式会社CVSベイエリア)の概要が決定した。港区ホテル展開状況と合わせてお送りする。

日常を少し離れたプライベートを実現するホテル

出典:コプラス

客室は、東京のナイトシーンを楽しむ仕掛けとして約2m×2mの大きな窓で視点を向かせ、インテリアは約3mの長いカウンターテーブルにより、ミニマムな空間に奥行きと拡がりをつくった。

また、1階エントランスには「ダイニングラウンジ」「ゲスト専用キッチン」「板張りの小上りゾーン」「オーニング付オープンテラス」といった、住環境さながらの“佇める居場所”をたくさん散りばめた。

さらに、「屋上階のルーフトップテラス」では、東京タワーを間近に望むことができるなど、ひとつのホテル内でいろいろなアクティビティが生まれるような、このロケーションならではの体験型ホテルを計画した。

同社は、「そこに住む方々のつながりこそが、不動産の価値を高めるのだ」という価値観をもとに、コーポラティブハウスをはじめとし、コレクティブハウス、テラスハウス、まちづくり、ホテル、ホステル、商業ビルなどにおいても「つながり」をテーマとして、幅広く事業を行ってきた。

このホテルにおいても、宿泊者同士が緩やかなつながりが持てるように、個室とは別に、いくつかの居場所を計画した。

【プロジェクト概要】

施設名:(仮称)浜松町一丁目ホテル

開業日:2020年春ごろ予定

所在地:東京都港区浜松町1丁目117番24

アクセス:JR山手線「浜松町」駅 徒歩3分

用途:ホテル・簡易宿泊所

規模構造:鉄骨造 地上10階建

客室:47室・カプセル48ユニット

敷地面積:263.91m2

延床面積:1,298.21m2

事業主:大成有楽不動産株式会社

運営:株式会社CVSベイエリア

設計監理:株式会社コプラス

施工:株式会社鴻池組

東京都港区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、港区には宿泊施設が178、部屋数にして31,840室が提供されている。

新規開業予定は40施設、6,591室が新たに供給される見込み。

港区の新規開業予定マップは以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

「THE BLOSSOM HIBIYA」2019年8月20日開業

「三井ガーデンホテル六本木プレミア」2020年1月24日開業

カプセルホテル「ナインアワーズ」が浜松町に2020年春開業

東京23区ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

関連記事