ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 白馬でリノベや宿泊飲食、街並み整備「IKEIKEツガイケ」設立

白馬でリノベや宿泊飲食、街並み整備「IKEIKEツガイケ」設立

投稿日 : 2019.11.14

長野県

新規ホテル情報

長野県北安曇郡小谷村栂池エリアの観光活性化を目的として、地域の不動産のリノベーションや宿泊・飲食施設を誘致するなどの街並み整備事業に取り組む株式会社IKEIKEツガイケが設立された。第一弾は、ホステルブランド「UNPLAN(アンプラン)」を展開する。

「UNPLAN Village Hakuba」2019年12月開業

出典:白馬観光開発

IKEIKEツガイケの設立にあたり、地元索道会社である白馬観光開発株式会社や都内でホステルを運営する株式会社FIKAの協力に加え、NECキャピタルソリューション株式会社より金融面でのサポートを受けている。

1990年代の長野県北安曇郡小谷村栂池エリアは、スキーブームや1998年に開催された国際的な冬季スポーツ大会もあり大きな賑わいをみせていた。街には華やかなファッションに身を包んだ若者が溢れ、スキーだけではなくバーやディスコなどを楽しむ姿が多くみられた。しかし、スキー人口の減少とブーム終焉に伴い、栂池エリアを訪れる人口は徐々に減少し、宿泊施設や商店数も最盛期の半分以下に減少している。

現在、栂池を含む白馬エリアでは、冬だけではなくオールシーズン楽しめる”マウンテンリゾート” へ変貌を遂げるべく、様々な観光スポットが誕生し、再注目されている。

2018年夏、栂池高原スキー場内にはフランスの人気アドベンチャー施設が日本に初上陸し『白馬つがいけWOW!』として開業。家族連れや若者に人気のスポットとなり開業以降2.4万人を超える来場者数を記録し、グリーン期のスキー場にも観光客を呼込むことに成功した。

しかし、白馬エリア全体の観光客が増加する一方で、栂池の宿泊施設は、経営者の高齢化や後継者・人手不足・老朽化などの理由から減少が目立ち始め、宿泊客の受け入れ等の新たな課題に直面している。

こうした背景から、宿泊施設の再生やかつての賑わいを取り戻す事業を推進するため、IKEIKEツガイケを設立した。まずは、老朽化した2軒の宿泊施設をリノベーションし、新たにホステルとして「UNPLAN Village Hakuba(アンプラン・ヴィレッジ 白馬)」を12月に開業する予定。

ドミトリールームをはじめツイン、トリプルルームなど幅広い客室を用意し、2軒で約100人の収容を目指すという。

また価格も抑えることで若者や長期滞在者、都心から離れて働くワーケーションなど様々な利用動機に対して利便性を高め、気軽に白馬・栂池エリアを楽しんでもらえるようにする。

今後もIKEIKEツガイケでは、栂池エリアの宿泊施設の再生や飲食施設の誘致に取り組み、魅力溢れる街並み作りを行うことで、様々な地域活性化に貢献していく考え。

【「UNPLAN Village Hakuba」施設概要】
<UNPLAN Village Hakuba(旧プチホテル・ホワイトアベニュー)>
所在地:長野県北安曇郡小谷村大字千国乙12840-1-116
収容人数:約50名(リノベーション前は15部屋/40名収容)
宿泊料金:1人1泊5,000円〜7,000円を予定

<UNPLAN Village Hakuba(旧きざみだ)>
所在地:長野県北安曇郡小谷村大字千国乙12840-1-63
収容人数:約40名(リノベーション前は14部屋/50名収容)
宿泊料金:1人1泊5,000円〜7,000円を予定

長野県北安曇郡小谷村ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、小谷村には宿泊施設が166、部屋数にして2,578室が提供されている。

なお、同じ北安曇郡の白馬村には宿泊施設753、部屋数にして8,411室が提供されている。

【合わせて読みたい】

ホステル&バー「アンプラン・新宿」2019年3月28日開業

「haluta hakuba」2019年12月22日開業

白馬岩岳で空き家や後継者不足の旅館を活用した街並みづくり

長野県ホテル展開状況(2019年1月現在)

「コートヤード・バイ・マリオット 白馬」12月22日開業

越後湯沢、バブル期建設のリゾートマンションで民泊

関連記事