ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > グローバルキャスト、日本美食とQR決済で業務提携

グローバルキャスト、日本美食とQR決済で業務提携

投稿日 : 2018.12.10

指定なし

ホテル内レストラン

株式会社グローバルキャストは、本日12月10日(月)、日本美食株式会社が提供するQRコード決済サービス「日本美食Wallet」を中心とした各種インバウンド対応サービスの流通において、外食産業の訪日外客対応として包括的な業務提携を開始する。

飲食業界のインバウンド対応、キャッシュレス環境を構築

政府観光局集計によると2017年の訪日外客数は2,800万人を超え、1,000万人を超えた2013年以来過去最高値を5年連続で更新。

また、来年開催されるラグビーワールドカップをはじめ、今後さらなるインバウンド需要が高まる事が予測されている。あらゆる業種において、多言語化やキャッシュレス決済環境の整備、ビジター向けインターネット接続環境の整備など様々な課題がある中、特に飲食業界においてはより一層早期のインバウンド対応が求められている。
グローバルキャストでは、全国に販売網を保有し、集客や業務効率化・コスト削減など店舗向けソリューションサービス「プロサポ」を提供し、多言語通訳コールセンターをはじめとしたインバウンド対応BPO事業を提供。

日本美食は、主に飲食店向けにインバウンド向け集客メディアの運営やQRコードによるキャッシュレス決済サービス「日本美食Wallet」を提供。

グローバルキャストが展開する「プロサポ」は、ICT・Webを駆使した次世代集客、コスト削減、業務効率化、通信インフラの最適化、多言語ソリューションの5つのサービス提供カテゴリーを軸に、あらゆる業種・業態の店舗が抱える様々な問題・課題を解決する総合サービスブランド。その時代に合わせた有用なサービスを随時ラインナップし、店舗へのコンサルティングを通して最適な改善プランを立案するなど、コンシェルジュとして多くの店舗にサービスを導入。アプリ決済やクレジットカードなど、国内の決済ブランド14社に対応することで日本を訪れる外国人の顧客に利用してもらうことができる、QR決済コード型の決済サービス。

「日本美食Wallet」は、アプリ決済やクレジットカードなど、国内の決済ブランド14社に対応することで日本を訪れる外国人の顧客に利用してもらうことができる、QR決済コード型の決済サービス。

今回の業務提携により、両社の強みや培ったノウハウを活かし、飲食店向けのインバウンド需要に対して効率的なサービスの流通を実現する。飲食業界の抱えるインバウンド対応に対する課題を解決し、日本全国レベルでの環境整備を推進する。

【合わせて読みたい】

新スマホ決済サービス「TableCheck Pay」提供開始

静雲堂が商業施設向けにインバウンド対応のQR決済サービス

LINE Pay Global Alliance発足、WeChatPayと戦略的連携

神戸ポートピアホテル「WeChatPay」導入開始

関連記事