ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > LINE Pay Global Alliance発足、WeChatPayと戦略的連携

LINE Pay Global Alliance発足、WeChatPayと戦略的連携

投稿日 : 2018.11.27

インバウンド

LINE Payは、「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、国内「LINE Pay」加盟店が訪日インバウンド需要の取り込みが可能になる『LINE Pay Global Alliance』を発表。「LINE Pay」は、国内最大のインバウンド対応決済サービスを目指している。

韓国最大の検索サイトを運営するNAVERとも提携

「LINE Pay」は「LINE」のローカリゼーション戦略の下、各国独立したサービスとして運営してきたが、2019年以降、さらなる増加が見込める訪日客へのスムーズな決済サービスの提供、日本国内のユーザーだけでなく、さらに大きなユーザー規模であるインバウンド需要の確実な加盟店への取り込みのため、『LINE Pay Global Alliance』構想を発表。
このアライアンスに参加する各国/地域の決済サービスユーザーが訪日した際、日本国内の「LINE Pay」加盟店・対応箇所において新たにアプリダウンロードや新サービスの登録の手間なく支払いが可能になる。2019年から展開を開始する。
同アライアンスにおいては、まず、2019年早期に、中国最大のSNSアプリ「WeChat」を展開するTencent社との戦略的提携により、「WeChatPay」ユーザーが訪日した際に「LINE Pay」のQRコード決済に対応する加盟店・決済対応箇所で支払いが可能になる。
さらに、2019年中に韓国最大の検索サイトを運営するNAVERとも提携、Naver Payユーザーも同様に利用可能にする。「LINE Pay」加盟店にとっては、訪日観光客数ランキング1~2位の2カ国の同サービスユーザーの取り込みが見込めるようになる。
さらに、日本以外の台湾、タイ、インドネシアの「LINE Pay」ネットワークとも連携し、それぞれのサービスのユーザーが、日本でも普段の生活で「LINE Pay」を使うのと変わりなく、支払いできるようにしていく。国内加盟店にとっては、全世界の「LINE」、「LINE Pay」ユーザーが見込み客となる。特に、台湾の訪日観光客数は中国、韓国に続く多さとなっており、「LINE Pay」は台湾においてNo.1モバイルペイメントとなっているため多くのユーザーに利用されている。
「LINE Pay」は、インバウンド対応を強化することで、日本国内のモバイル決済をアクティブ化していくという。
2019年早期開始予定
■中国 WeChatPay
提供会社:Tencent Holdings Limited
プラットフォーム:SNSアプリ「微信(WeChat)」
ユーザー数:全世界10.825億人(MAU)
WeChatPayユーザー数:非公開
2019年内予定
■韓国 NaverPay
提供会社:NAVER Corporation
プラットフォーム:NAVER
ユーザー数:3,000万人(mobile DAU)
NaverPayユーザー数2,400万人
【合わせて読みたい】
a

関連記事