ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京都駅八条口前「eph KYOTO」2019年6月1日開業

京都駅八条口前「eph KYOTO」2019年6月1日開業

投稿日 : 2019.05.31

京都府

新規ホテル情報

株式会社エイジェーインターブリッジが運営を手掛けるホテル「eph KYOTO」が6月1日、京都駅八条口徒歩3分にオープン。嵐山を想わせる竹林がのびるフロントや禅寺の「枯山水」等、ユニークな京都のモチーフを散りばめたデザイン性の高い「唯一無二の刺激的なホテル」を目指す。

京都の歴史や文化が「Effect (影響)」しあって生まれたホテル


出典:エイジェーインタブリッジ

国際都市・京都では、歴史的遺産や豊かな自然、そして時代とともに現れる新しい文化や風習が、複雑に絡み合い「Effect(影響)」しあって、日々、様々なものが生み出され続けてきた。

6月1日に京都に新たに誕生するコンセプトホテル「eph KYOTO(エフ・キョウト)」は、京都を色濃く反映した刺激的な空間で、顧客に特別な体験を届けるホテルを目指すという。

出典:エイジェーインタブリッジ

デザインには、京都の伝統的な匠「織物」や「金属工芸」をモチーフにした幾何学模様の外観など、様々な京都のモチーフが散りばめられている。京都を拠点に斬新で意外性の高い建築で、国内外で活躍している建築家・高松伸氏の設計だ。

出典:エイジェーインタブリッジ

客室にはそれぞれ、金銀の市松模様が施された壁や桜の天井など、目を惹く意匠が施されている。窓外には、京都の美意識を象徴する「枯山水」を思わせる壁面があり、部屋にいながら京都を感じることができるようにした。

【同ホテル 概要】

開業日:2019年6月1日
所在地:京都市南区東九条西山王町5-6
アクセス:京都駅「八条口」から南方向へ徒歩3分。
客室:全19室(全室定員2名/約26㎡~30㎡)※2つの客室をつなげて4名で利用できるコネクティングルームも提供
朝食:作りたてのこだわり朝食ビュッフェ、1階ラウンジにて毎朝提供

出典:エイジェーインタブリッジ

京都市南区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、京都市南区には宿泊施設が298、部屋数にして7,612室が提供されている。新規開業予定は6施設、部屋数にして1,066室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

「ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA」2019年5月30日開業

「ヴィアイン京都駅八条口」2019年5月30日(木)開業

リーガロイヤルホテル「リーガグラン京都」2020年7月開業

「変なホテル京都 八条口駅前」2019年3月29日開業

関連記事