ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ホテル・旅館」エコマークセミナー、全国8ヶ所で開催

「ホテル・旅館」エコマークセミナー、全国8ヶ所で開催

投稿日 : 2019.01.27

北海道

宮城県

東京都

愛知県

大阪府

広島県

香川県

福岡県

ホテル関連ニュース

(公財)日本環境協会エコマーク事務局は旅館・ホテルのエコマークについて新たな認定基準が設けられることとなり、本年3月1日より申し込みの受付が開始されることに伴い、全国(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡)でセミナーを開催する。

選ばれるホテル・旅館の新基準

出典:(公財)日本環境協会エコマーク事務局

現在、「持続可能な開発目標(SDGs)」や「パリ協定」等の国際的な枠組みがクローズアップされている。また、省エネ・食品ロス対応、東京オリンピック・パラリンピックや大阪万博などの開催によるインバウンドの急増、外国人労働者の受入拡大など、企業経営において『持続可能性』や『環境対応』を始めとした様々な課題について、統合的な取組みが求められる時代となった。

同セミナーでは、これからの時代に求められる環境経営について、国が進めている施策、SDGs、食品ロス削減の動向を説明。

また、それらへの取り組みに活用できる認証制度として、新しく制定されるエコマーク「ホテル・旅館 Ver2」認定基準を紹介する。

エコマークは、日本で唯一、ISO(国際標準化機構)の国際規格に則って運営するタイプ I 環境ラベル(ISO14024)。商品分野ごとに設定された基準に基づいて審査し、認定されるとエコマークの表示が認められ、環境保全に配慮した商品(サービス)であることの証となる。

出典:(公財)日本環境協会エコマーク事務局

参加費は無料。

申し込みなどの詳細は公式サイト参照のこと。

【合わせて読みたい】

小田急ロマンスカー、プラスチック製ストロー使用廃止

オキナワ マリオット、プラスチック製ストロー廃止

「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」が設立

経産省、海洋プラスチックごみ問題、官民連携参加企業募集

世界大手ホテルが使い捨てプラ製品全廃の方針を表明

ヨコハマインターコンチ、 プラスチックストロー廃止

プリンス、全社で使い捨てプラスチック製ストロー廃止

関連記事