ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 荷物預かりecbo cloak、ファーストキャビン12施設導入

荷物預かりecbo cloak、ファーストキャビン12施設導入

投稿日 : 2019.08.07

東京都

愛知県

京都府

インバウンド

ecboは、ファーストキャビンが運営する「FIRST CABIN」10店舗および、JR西日本ファーストキャビンが運営する「FIRST CABIN STATION」2施設にて、荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を正式導入した。

訪日外国人の増加とコインロッカー不足に対応

出典:ecbo

近年、LCC(格安航空)の普及により、早朝や深夜帯の荷物預かり需要が増加。
訪日外国人の増加とコインロッカー不足に伴い、ファーストキャビンでは以前より、近くで荷物を預けられずに困っている観光客から「預かってもらえないか」という要望の声を得る機会が増加しており、荷物預かりに対して社会的な課題を感じていたという。

ファーストキャビンではこの度、顧客からのそうした要望に応えるべく、都内や京都、名古屋などの12施設でecbo cloakを正式導入し荷物預かりサービスを実施する運びとなった。

ecbo cloakは、ユーザーの7割が訪日外国人で、海外からの認知度が高いサービス。ecboは「手ぶら体験」の提供だけでなく、ecbo cloakの荷物預かりを通してユーザーが店舗を訪れるという特徴を生かし、ユーザーに店舗やサービスとの新たな出会いも提供する。

ファーストキャビンの駅近、24時間営業といった利便性の高さを生かした、荷物預かりサービスの提供はもちろん、ホテルならではの豊富な地域の観光情報の案内など、高品質の「おもてなし」を通じたサービス満足度の向上も期待できるという。

【導入 概要】

荷物の預かり可能時間:店舗によって異なる
利用料金:バッグサイズ:300円/個・日、スーツケースサイズ:600円個・日(税込)
当日予約:可能
複数日予約:可

出典:ecbo

【合わせて読みたい】

ecboが目指す「モノの所有を自由に。」するサービスとは

荷物預かりサービスecbo cloak、松坂屋静岡店で荷物預かり

ecboが大津市、JR西日本と連携、大津市内の手ぶら観光推進

ファーストキャビン 柏の葉、2019年9月2日開業

「ファーストキャビン 京都二条城」2019年8月開業

「ファーストキャビンST.京都梅小路RYOKAN」 2019年3月

関連記事